フィーネ
【2022年夏|ゴルフ新製品】汚れ・ニオイを残さないゴルフグローブ洗濯におすすめのクリーンアイテム。 この春、フィーネ株式会社(衛生製品メーカー)より、ゴルフグローブ&ゴルフグリップ専用の洗浄製品が注目のリリース!




そのまま放っておくと、劣化が進みパフォーマンスを引き出せないことも・・・
ゴルフ練習やラウンドで使用したゴルフグローブをキャディバッグにそのまま入れておくと、次に使うときには悪臭がしたり、カチコチに固まっていたりすることがあります。
グローブに染み込んだ汗や皮脂などの汚れが高温多湿な環境におかれ、雑菌が繁殖して、それがニオイやカビの原因となります。ゴルフグローブは消耗品と考え、使用後に干す程度で洗わない人も多いようです。一方で、「汚れやニオイが気になる」という声も。
ゴルフグローブは、あなたとゴルフクラブを一体にしてくれる重要なアイテム。使用後はできるだけ早くお手入れすると良いでしょう。ケアが行き届いたアイテムは、上達を助け、いつでもあなたのパフォーマンスを最大限引き出してくれるでしょう。



ゴルフ練習やラウンド後のゴルフグローブケア
使用後のゴルフグローブは汗などで湿気がこもっているので、早めのケアを心がけ、使用後はすぐに風通しの良い日陰で乾燥させることが大切です。
ゴルフプレー後に汗や雨などで濡れてしまった場合は、「陰干し」が基本です。
直射日光に当ててしまうと乾燥してカチコチに固まってしまうので、風通しの良い日陰で干するようにしましょう。
また、ゴルフグローブを洗った後は、 陰干しをしてしっかりと乾かすことが大切です。
グローブに水分が残っているとニオイやカビの原因になります。清潔さを保つためにも、使用したり洗ったりした後は風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

お手入れするメリット
気に入ったものを選んだら大切に出来るだけ長持ちさせたいです。
1.劣化の防止 2.汚れ悪臭の防止 3.グリップ力
長く使っていると、油や土などの汚れがつき劣化によりグリップ力弱まってきます。
また、汗や皮脂の汚れによって臭いも発生してしまいます。
ゴルフプレー後にしっかりケアすることで、劣化を最小限に抑え、いつも最高のゴルフプレーをすることができるでしょう。


グローブの寿命を長持ちさせるコツ
お気に入りのゴルフグローブをできるだけ長持ちさせるには以下のような方法があります。

・ゴルフグローブは 2〜3枚を交互に使用
グローブを長持ちさせるコツは、2〜3枚くらいを交互にローテーションで使用することです。適度に休憩させることができます。毎回同じゴルフグローブを使っていると、すぐブカブカに伸びて使えなくなってしまいます。
ゴルフグローブは皮を使用しているため、適度に休憩させてあげることが長持ちの秘訣です。

・自分のサイズにあったものを選ぶ
大きすぎるものを使用すると、密着度が下がることで摩擦が増えてグローブの寿命を短くしてしまうことがあります。また、サイズが合っていないグローブを着用すると、グリップが安定せずにスイングにも影響が出てしまいます。ゴルフグローブはサイズが合っているものを選ぶようにしましょう。グローブの寿命も延びて、ゴルフグローブ本来の特性が発揮されゴルフのパフォーマンスも向上します。

・使い終わったら型を整えて陰干し
使用後のゴルフグローブは汗など水分が残っているとニオイやカビの原因になります。清潔さを保つためにも早めのケアを心がけ、使用後や選択した後はすぐに風通しの良い日陰で乾燥させることが大切です。
ゴルフグローブが伸びて手やグリップとのフィット感がなくなってきたら買い替えのタイミング


汚れ・ニオイが気になったゴルフグローブは洗うことでメンテナンス

【汚れ・ニオイを残さない ゴルフグローブ洗濯におすすめのクリーンアイテム】
【新製品】FINECADDY|フィーネキャディ・グリップ&グローブ泡ウォッシュは、ゴルフアイテム専用の汚れ落とし、臭いや雑菌対策。ゴルファーにおすすめのプレミアムクリーンアイテムです。

汚れ落とし消臭対策に優れた効果を発揮。
汗や皮脂汚れ、臭いの基となる雑菌も落とせる。
フィーネキャディ・グリップ&グローブ泡ウォッシュは自然科学の技術と知見を活かして研究開発された新しいオーガニッククリーンアイテムです。

数種類の細菌や臭いのもとに対する試験結果で優れた効果を実証。
ゴルフグローブが臭う原因、『雑菌』を除菌することで臭いを基から消臭、ニオイ菌が好む汗や皮脂の汚れ落としに適した成分を配合。多くの雑菌が生存できないとされる、アルカリ性域の環境を瞬時につくり、除菌・消臭・洗浄と3つ効果が得られます。洗濯後のグローブは中性域に戻るため、素材にも人にも優しく安心して使えるゴルフグリップやグローブの洗濯アイテムです。香りでニオイをごまかす一般的な洗濯洗剤とは違い、汚れとニオイ菌に直接作用することでゴルフグローブの臭いを根本的に洗い流します。

肌の免疫力の弱い方や、敏感肌に悩む方にもおすすめ。
フィーネキャディ・グローブ&グリップ泡ウォッシュは、安心して使えるオーガニック洗浄アイテムです。
[次亜塩素酸フリー][漂白剤フリー][防腐剤フリー][着色料フリー][無香料]


ゴルフグローブのお洗濯方法
汚れや臭いが気になる場合は、その元を洗うことで消してしまいましょう。
ゴルフの練習やラウンド後に、汗や汚れなどによってダメージを受けた後はしっかりとケアすることで劣化を最小限に抑え、いつも最高のゴルフプレーをすることができるでしょう。

先ずは、ゴルフグローブのタグやパッケージに表記されている洗濯表示や注意書きを見て、洗えるかどうか洗濯に関する表示を確認します。
STEP1
洗面器などに30℃くらいのぬるま湯を張って、その中で優しく揉み洗い(予洗い)をしましょう。
STEP2
手にグローブを着けたままフィーネキャディグローブ泡ウォッシュで、手を洗うようにグローブの汚れを落とします。目立つ汚れがある場合や、落ちにくい汚れがあるときは、ブラシで優しく洗うことをおすすめします。
STEP3
ゴルフグローブを軽く握って水を絞ったら、しっかりすすぎ落します。
STEP4
軽く握って水を絞ったら、タオルの上にグローブを広げ、かぶせて挟み、やさしく押し当てて脱水します。
STEP5
干す前にグローブに手を入れてシワを伸ばして、形を整えたら風通しの良い日陰に干します。

強く擦り洗いすると、磨耗して破れやすくなってしまいます。
洗濯機などで洗うと、回転で強く擦られたり引っ張られたりすることで、生地が痛みやすくなります。
黒や紺また赤などに染色されているゴルフグローブやグローブに付いているロゴマークや刺繍などは色落ちすることもありますので、注意して手洗いするようにしましょう。
色落ちの心配があるのでほかの洗濯物と一緒にはせず、単独で洗うことをおすすめします。
洗うことを前提に、白色のゴルフグローブを選んでおけばメンテナンスがしやすいです。また、合皮素材の場合は、雨用グローブとして使うこともあり、水に対して強いのが特徴です。


本革素材のゴルフ用グローブは水洗いをおすすめできません。
本革の特性はしっとりとした柔らかさで手にフィットする伸縮性とグリップ力ですが、洗うことで油分がなくなり乾いてから、固くなったりひび割れしたり無理に伸ばすと破れたりすることもあります。
しかし、汚れや手汗を吸収してグローブから嫌な臭いがするようであれば、臭いのもとを洗い流さなくてはなりません。
本来は洗えない本革のゴルフ用グローブを洗うコツは、なるべく手早く済ませることです。
30℃程度のぬるま湯にグローブを浸けて、グリップ&グローブ泡ウォッシュをつけて軽くもみ洗いする程度で十分です。サッと洗ってしっかり濯ぐようにしましょう。
すすぎ終わった後は、軽く握って皮革に含まれている水分をしっかり取り除き、その後グローブをタオルに挟み、やさしく押し当ててさらに水分を取り除きます。
その後は、手にグローブをはめてシワを伸ばし、型を整えたら風通しの良いところで陰干しして乾かせば完了です。
直射日光は本革を固くしますので、乾かすときは風通しの良い日陰で干すようにします。
乾いた後はグローブをはめて本革用のクリームなどを少量薄くのばして型を整えながら使うと洗い流された油分を補充できるので効果的です。
洗濯の際、本革グローブは色落ちするので、黒や紺また赤などに染色されているものは、洗わない方が良いでしょう。
また強く擦り洗いすると、磨耗して破れやすくなってしまいます。
ゴルフグローブに付いているロゴマークや刺繍などは色落ちすることもありますので、注意して手洗いするようにしましょう。色落ちの心配があるのでほかの物と一緒にはせず、単独で洗うことをおすすめします。
ゴルフグローブの臭いが気になり、消臭スプレーを使用すると劣化や変色・退色の恐れがあるため注意しましょう。
ご紹介した洗濯方法などは一般的なお手入れ方法です。ゴルフグローブの素材によってお手入れ方法は変わります、商品に表記されている洗濯表示や注意書きに従ってお手入れをしてください。
「汗や雨に濡れると色落ちする可能性がある」と表示された製品などもあります。そのため、必ず単独で手洗いをします。
汚れや臭いが気になる前に定期的に洗濯するようにしましょう。

固形石鹸やハンドソープには油脂が多く含まれるため油分がグローブに残りすぎる場合があります。油分が多く残ってしまうとグリップ力の低下や、すぐに汚れがつきやすい状態になってしまいます。
アルコール系や次亜塩素酸系の洗浄剤はゴルフアイテムの素材を劣化させてしまう恐れがあります。


【新製品|フィーネキャディ・ゴルフグリップ&グローブ泡ウォッシュ】
泡で出てくるゴルフグリップ&グローブ泡ウォッシュは、ゴルフのグローブやグリップに付着した皮脂汚れに濃密泡が早く浸透分解し、目に見えない雑菌汚れまでスッキリ洗い落とします。
1本で除菌・消臭・汚れ落としの3つの効果が得られ、無香料でさわやかな洗い心地です。

ゴルフの練習やラウンド後におすすめのプレミアムクリーンアイテムです。
フィーネキャディのゴルフグリップ&グローブ泡ウォッシュ 100ml|希望小売価格
(Officialサイト https://finecaddy.official.ec)

水酸化カルシウム水溶液を使ったフィーネキャディグリップ&グローブ泡ウォッシの特性は、素材に優しく汚れをしっかり落としてくれる。さらに、除菌効果が高いためグローブの臭いのもとからキレイに洗い流します。
自然科学技術と研究チームの知見を活かして開発された新しいゴルフグリップ&グローブ洗浄製品です。
強い薬品や研磨剤は使わずに、オーガニック成分でありながら強力な洗浄力が特徴です。
フィーネキャディのゴルフグリップ&グローブ泡ウォッシュは、頑固な汚れも濃密泡が浸透し簡単に洗うことができます。
オーガニック成分で作られたゴルフグリップ&グローブ泡ウォッシュは、強力な洗浄力でありながら、ゴルフグリップやグローブへのダメージを最小限にして汚れを落とします。
お手入れは手早く簡単に、あなたのゴルフグリップやグローブをキレイにします。

【使用方法】泡を塗布して洗う。洗った後はタオルで拭き取るだけです。
STEP1:グリップに泡ウォッシュをつける
STEP2:ブラシで優しく洗う(目立つ汚れがある場合)
STEP3:タオルで拭き取る
STEP4:乾かして完了

【成分】食品添加物水酸化カルシウム、天然由来界面活性剤
【容量】正味量100ml
    標準使用量:1足分約5ml(約20回使用)
【使用上の注意】
 用途以外に使用しないてください。
 直射日光の当たる場所や温度差の激しい場所で保管しないでください。
 子供の手の届くところに保管しないでください。
 誤飲した場合は口をすすぎ、大量に水を飲み、病院に行ってください。
 素材によってはシミや変色、色落ちする場合もあります。
 染色してある素材や水に触れるだけで変色する素材には使用しないてください。
 目立たない場所でテストしてから使用してください。
 水や他の洗剤と混ぜないでください。
 汚れの種類によっては落ちない場合があります。

FINE CADDY|フィーネキャディとは
フィーネキャディは、Hygienic golfer Life(衛生的なゴルフライフ)ブランドです。
ゴルフプレーに欠かせないゴルフアイテムを清潔に健やかに保つこと、衛生的な生活は幼児から大人まで不可欠なものです。安全性と環境性、実用性のバランスを満たし毎日使い続けることができる製品を提供してまいります。
ブランド名のFINE CADDY|フィーネキャディには、“ 素晴らしいサポート″という意味を込めています。
ライフスタイルに寄り添って歩み続けることができる製品づくりをフィーネキャディは大切にしています。
私たちの考える「ベネフィット」をご提案し、原料や効果、使い心地など、一人ひとりのゴルフライフがより豊かなものになるように願っています。

天然由来の原料
人と環境に優しい原料を使うことを基本的な製品開発のコンセプトにしています。
進化を続けるこのプロダクトは、アイテムの共通原料として自然の力で消臭除菌効果を高めながら、さまざまな分野での活躍が期待される天然由来の食品添加物水酸化カルシウムCa(OH)2です。
引火性原料、環境ホルモン、発がん性物質を疑われる原料、さらに石油由来の原料は使用せず、食品や治療薬にも使われる優しい原料からできたクリーンプロダクトです。

私たちのモノづくり
フィーネキャディは、除菌・消臭機能を持ち合わせた、食品添加物水酸化カルシウム製造販売事業としてはじまり、人と環境にやさしい発想でモノづくりをしたいとの思いから開発されました。
健やかな身体と心のために、私たちは地球の恵みを生かして、素材の力を最大限に引き出した製品を企画・開発しお届けしています。

私たちにできること “SDGs”
国連サミットで採択された国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものです。「衛生」「環境」「健康」という3つのキーワードを事業の柱とし、より豊かで実りある地球社会の実現を目指しSDGsを企業活動目標に取り入れています。