全国49地区 夏の大会データベース
【東東京】

《2022年 センバツ結果》二松學舎大附 1回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
関東第一に二松学舎大附、そして帝京!今夏の東東京は「三つ巴」の様相

近年の東東京は関東第一と二松學舍大附の絶対的2強が覇権争いを繰り広げ、この両軸にいくつかの強豪校が絡むという構図になっている。今夏はこの絶対的2強にかつての絶対王者・帝京が加わり、三つ巴の様相を呈している。帝京を本命視する向きも多いようだ。

エース左腕・桝川颯太擁する関東第一は春季東京大会決勝でライバル二松學舍大附(昨夏V、今春センバツ出場)を7対3でくだし、春の王者となった。関東大会でも準Vに輝き、春の段階では一歩リードという状況にある。

春季準Vの二松學舍大附は関東大会2回戦で山梨学院(山梨1位)に屈したが、いい経験になったはず。U18日本代表一次候補の瀬谷大夢にも注目したい。

台風の目となりそうな帝京は春季大会で4強入り。準々決勝ではセンバツ4強の國學院久我山を撃破するも、準決勝で関東第一に5対8で破れた。それでも全5試合で6本塁打40得点という破壊力を見せ、「今年の帝京はひと味違う」と存在感を示した。夏までにどう仕上げてくるか注目だ。関東第一もウカウカしてはいられない。

この三つ巴に絡んでくるのが大森学園や上野学園、都立小山台や日大豊山、修徳など東東京の強豪校たち。春の8強入りを果たした日体大荏原や東京成徳大高の躍動にも期待したい。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【関東編】

●センバツ4強に2校を送り込んだ
例年の関東は、各地区内の絶対的2強を軸に夏の大会が展開されることが多かった。たとえば神奈川の東海大相模と横浜の決勝対決は神奈川の夏を彩る風物詩だ。しかし今夏に限っては2強ではなく、頭ひとつ抜け出した大本命が存在し、「大本命とその包囲網」という構図になっている。

今夏の関東のトレンドは「大本命とその包囲網」

本命と対抗という絶対的2強が軸になる例年と違い、今夏の関東は1強が県内無双状態というところが多く、そのため対抗は不在。「大本命とその包囲網」ないしは「三つ巴」という構図になっているようだ。

茨城の大本命は明秀日立。元来の茨城4強(常総学院、土浦日大、霞ヶ浦、藤代)は今夏、明秀日立の包囲網という立ち位置だ。

栃木の大本命は、今年も県内無双の作新学院。群馬は前橋育英。健大高崎と利根商の巻き返しに期待したい。

埼玉は浦和学院。山村学園と花咲徳栄がどこまで仕上げてくるかに注目だ。

東東京は帝京に注目。関東第一、二松學舎大附とともに三つ巴。西東京は東海大菅生が本命だが、日大三、國學院久我山とともにこれも三つ巴といえそうだ。

千葉の本命は夏の勝ち方を知る木更津総合。

神奈川の本命は桐光学園。春季大会は8強で消えた神奈川の絶対的2強(東海大相模と横浜)の今後を占う大会になりそうだ。

山梨の本命はやはり山梨学院。東海大甲府と甲府城西の逆襲はあるのか。

今年の関東も熱(暑)そうだ!

出典:『がっつり!甲子園2022』