AI同士が戦う証券市場

AIの導入が一層加速しているのが、金融業です。証券市場は1970年代半ばから売買取引のコンピューター化が進み、1999年には株券売買立会場は閉場、売買注文をつなぐ「場立ち」と呼ばれる人々は不要となりました。

 

そして現在、機関投資家の売買を人工知能に任せている証券会社もあります。例えば、野村證券はAIによる「AI株価予測システム」を導入し、銘柄ごとに5分後の株価の予測を出しています。

 

このシステムでは、教師データとして東証500銘柄の過去1年の株価の動きと売買取引の数を、1000分の1秒単位の変化で学習させています。これにより、膨大なデータから法則性を見つけ出し、現在から5分後の株価を予測させ、利ざやを狙うというものです。売買も人工知能が担当し、人が瞬(まばた)きをしている間に1000回近くの速さで取引を行うことができます。トレーダーは、AIが行う取引をじっと見つめているだけ。現在では他社も同様のシステムを導入しており、AI同士による戦いの様相を呈していています。そのため、どれだけ優秀なAIプログラムを導入できるかが、収益のカギを握っているといわれています。

 

このように、金融サービス(Finance)とAIや情報通信技術(ICT)などの技術(Technology)が融合した新しい動きを「フィンテック(FinTech)」といいます。SMBC日興証券は30分後の株価予測情報を提供したり、AIが個人投資家による売買の特徴などを分析し、売買のアドバイスをしたりするサービスを行うなど、証券市場全体がフィンテックにより活性化しています。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 AIとテクノロジーの話』
監修:三宅陽一郎  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
ゲームAI開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院理学研究科物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理 事、人工知能学会編集委員 。