シャフトをインサイドから下ろす動作を身につける

◎切り返しの初期動作で背中側にシャフトを下ろす

●インサイドアタックを習得しよう
上達に悩んでいる多くのアマチュアゴルファーは、トップからのスイング軌道に問題があります。

つまり、アウト側からクラブが下りてきてしまうアウトサイドアタックです。クラブが外から入ってきて、そのままインパクトでフェースが開いてしまいます。

そのため、ボールが左に飛び出てから右に曲がるスライスになります。スライスでもコントロールできれば問題ないじゃないか、という人がいるかもしれませんが、飛距離という部分でマイナスです。

そのためにも、正しい軌道でインサイドアタックを習得してください。

インサイドアタックは、切り返しから背中側にシャフトを下ろし、ボールに対して内側からヘッドが入りインパクトを迎える打ち方です。

大きな出力を生み出せる動作になります。

●切り返しでは力を込めずに脱力する
切り返し時の動作ポイントは脱力です。

力を込めるとどうしてもシャフトが立ちアウトからの軌道になります。

右手首は外側に折ります。腕相撲でいうと負けている側の手首の角度です。

右ヒジが締まるのを感じながらグリップエンドを下降させて体を回転させていきます。

●オープンフェースを自動的に修正できる
インサイドからクラブを下ろしていくと、ヘッドは自然とクローズになります。

アマチュアゴルファーに多いオープンフェースを自動的に修正できるのです。

大事なのは、ヘッドの動きに体の回転を加えることです。

動作を連動させ同期させることが条件になります。

●フェースをよりクローズ化できる
インサイドアタックからインパクトではハンドファーストにするのが以前からの普遍的なポイントです。

しかし近年のスイングでは、グリップエンドの位置をよりターゲット方向に進めてボールをとらえるほうが、よりフェースをクローズ化できるメリットがあります。

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

【レッスンプロ情報】
●阿河 徹
ツアープロコーチ。東北高校ゴルフ部コーチ。レッスン歴19年。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。米国ゴルフ留学時にデーブペルツショートゲームスクール、アズメディアゴルフスクールなどでゴルフ理論を学ぶ。現在はトップクラスのゴルフ理論とコーチ経験で、藤本佳則、塩見好輝、森田遥、宮里美香などトッププロのスウィング指導を行う。NTTドコモのゴルフアプリ「GOLFAI」の開発監修も担当。東京都世田谷区の井山ゴルフ練習場でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。