右左のお尻を引くことで腰を回旋させる

◎腰を回旋させるイメージで股関節を動かしていく

●足の付け根を動かす意識を持つ
クラブ操作と身体操作は連動させなければなりません。

体の操作としては、腰回りのベーシックな使い方を身につけておきましょう。

スイングでは、腰は右回旋から左回旋させていきますが、ゴルフは前傾角を作りながら回旋させます。

これが少し動作を複雑化させます。

ミスを起こす動作の多くは、回旋運動ではなく上下運動をしてしまうことです。

上下動は前傾角の不安定さを生むので注意してください。

ポイントは、前傾しながらベルトを水平に動かすことです。

足の付け根に意識を持ちながら「右のお尻を引く」「左のお尻を引く」という運動パターンにします。

上手くできない方はヒザから動かすイメージの人です。

ヒザの運動量は減らし、股関節運動をしていきましょう。

●パワーを生むための動作だと理解する
腰の回旋運動は、ヘッドスピードを生むための出力に関係していきます。

股関節や下半身からしっかり回旋させることがパワーの源になるのです。

アドレスから回旋させるときのイメージが湧かない人は、ベルトのバックルを動かすことを意識すると良いでしょう。

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

【レッスンプロ情報】
●阿河 徹
ツアープロコーチ。東北高校ゴルフ部コーチ。レッスン歴19年。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。米国ゴルフ留学時にデーブペルツショートゲームスクール、アズメディアゴルフスクールなどでゴルフ理論を学ぶ。現在はトップクラスのゴルフ理論とコーチ経験で、藤本佳則、塩見好輝、森田遥、宮里美香などトッププロのスウィング指導を行う。NTTドコモのゴルフアプリ「GOLFAI」の開発監修も担当。東京都世田谷区の井山ゴルフ練習場でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。