アッパーに当てなきゃ絶対に飛ばない!

●右に傾いた軸を保ちアッパーにとらえる
ボールを遠くに飛ばすには、インパクトの効率を高めて初速を上げつつ、ボールを高打ち出し・低スピンで打ち出すことが重要です。

それに不可欠なのがアッパーなインパクト。アッパーとは、ヘッドがスウィング軌道の最下点を過ぎて上昇過程に入ったところでインパクトすることです。

【かっ飛び!Point】
上昇しながらロフトが小さい状態でボールに当たると正面衝突となり、インパクト効率が最も良くなります。

最下点を過ぎてからインパクトする
軌道の最下点はシャフトが地面と垂直になる、インパクトのちょっと手前。ここからヘッドが上昇する過程でインパクトを迎えるのが正しい「アッパー」となる

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。