インパクトの瞬間は左足を右斜め上に蹴る!

●左足に乗りきる前に思い切って地面を蹴る
飛ばしのエッセンスとしてもう一つ挙げておきたいのが、左足の蹴りです。

切り返しでは右足でヒザ蹴りと説明しました。その直後に、左足で地面を蹴れば、右で蹴った力を受け止めて回転に変換できます。

ポイントは左足に乗りきる前に、身体が右斜め上に跳ね上がるように斜め方向に蹴ること。ツマ先で地面を蹴るのではなく、左ヒザから太モモを使って地面を押します。

左ヒザが右斜め上方に動くような感じです。左足が地面から浮くくらい思い切って地面を押してください。

【かっ飛び!Point】
左足のヒザから太モモを使って地面を斜めに押すと、切り返しの力を受け止め、回転に変換してくれます。

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。