ゴルフスイングでもっとも重要な動作・スピネーションとは?

◎ボールをハンドファーストにとらえるためにフェースを戻す
スイング中にゴルファーが主体的に行う動作は3つあります。

まずは左ハンドルを切るようなテークバック、それから動きを止めずにクラブを引き下ろし、ダウンスイングでは「スピネーション」と言って、クラブフェースをターンする作業を行います。

これをクラブの側から考えると、左ハンドルを切るテークバックから切り返しでパッシブトルクが働き、そこからクラブに対して初めて左手で引きつけるエネルギーが発生します。

引っ張られることでゴルフクラブ自体は元の位置に戻ろうとしますが、クラブフェースだけは戻りません。

このとき、フェースは開いたまま戻ってこようとするのです。

ですからスイング中で唯一、能動的に開いているフェースを戻す作業が必要になってきます。

具体的には、シャフトを軸回転させてクラブヘッドを回します。

この動作を行うことによって、ボールをハンドファーストにとらえることができます。

このスピネーションは、ゴルフスイングの中でもっとも重要と言っても過言ではない動作であり、正しいやり方を覚えると共に、どのクラブを打つときにも必ず行わなければなりません。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。