切り返しからクラブを最大に加速させるパッシブトルクとは?

◎トップポジションからの切り返しでヘッドが背中方向に倒れる動きを理解する
スイングの初動で左ハンドルの動きが入ってくると、手元よりヘッドが遅れる感覚になってきますが、そのまま振り下ろしたら当然遠心力は発生しません。

切り返しでクラブと手元が入れ替わることではじめて、クラブをビュン!と振れるわけです。

このときクラブは右に旋回してから下りてきます。重たい物体を速く動かそうと思ったら、自然に右に旋回するのは当たり前の話です。

ここを自分で意識してやってしまうと、まったく目的が変わってきてしまいますので、あくまでも、クラブを最大限加速させるという目的のもとに行うことがポイントです。

もしこの動作をクラブが円を描かずにやろうとすると、どんなに頑張ってもスピードが出ません。

クラブを回してはじめてスピードが出せるという理解の上に動作を行うことが大事で、背中方向に倒れるようにクラブが動き、それを引き戻すことで加速する準備が整うわけです。

この部分をいわゆる「パッシブトルク」という言い方をします。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。