手首支点のスイングがもとで起こるフリップ動作とは?

◎フェース面をボールにまっすぐ当てに行くと必ず起こる
左手首を甲側に折りながらボールをとらえる動作をフリップと言い、アマチュアには非常に多い動きです。

おそらくほとんどのアマチュアがフリップしていますし、女子プロのツアー選手レベルでも、正確にハンドファーストにインパクトできている選手は全体の20%もいないでしょう。

なぜこう当たるかと言うと、フェース面をボールに当てに行くからです。

クラブフェースは何もしないとバックスイングで手が先行し、手を戻すとフェースが重さによって開かれます。

この部分をフェースだけで考えたら、閉じてきたものが開くように動きます。

開いてくるからこそ閉じる動作が必要になってきますが、これがスピネーションです。

これをせずにトップからクラブフェースをボールにまっすぐ当てに行くと、手首が支点となって右に残りヘッドがボールに届きに行くので、必ずフリップ動作になります。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。