GⅡ・セントウルS(日曜・中京)芝1200m

19年までは阪神での施行でしたが、20、21年は中京での開催。

今年も中京で行われますが、データは過去10年で見ていきましょう。

1番人気は〔640〕、2番人気は〔132〕、3番人気は〔002〕。

6番人気以下〔233〕、2ケタ人気馬〔111〕。

馬連3ケタ4回に、万馬券2本。

1番人気の連対率は100%です。

ステップレースを見ていきましょう。

まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

安田記念から〔111〕。

高松宮記念から〔110〕。

北九州記念から〔324〕。

アイビスSDから〔120〕。

CBC賞から〔020〕。

函館SSから〔011〕。

その他、ヴィクトリアマイル、海外GⅠのチェアマンズスプリント、ニュージーランドT、キーンランドCから勝ち馬が。

関屋記念から2着馬が。

NHKマイルC、シルクロードSから3着馬が出ています。

OPから〔002〕。勝ち馬と4着馬です。

前走重賞組は28頭。人気、または着順が“4”以下だった馬が23頭。“5”より大きかった5頭は芝1600mの重賞からでした。

なかでも19頭いるGⅢ組を詳しく見てみると、3着以内が11頭、4着2頭。

1番人気3頭、2番人気1頭、4番人気1頭。

残る1頭は、芝1600mの関屋記念11番人気8着の馬でした。

取捨選択のヒントにして下さい。

連対20頭すべて、前走重賞出走馬。

また、連対20頭中、16頭に芝1200mでの勝ちがあり、3頭には芝1200mの重賞2着が。残る1頭には芝1400mの重賞3着がありました。

さらに、連対20頭中、16頭に芝1200mの重賞連対歴があり、3頭は芝1200mで2勝以上が。

例外の1頭は、ここが初の芝1200m戦だった20年2着のメイショウグロッケ。ちなみにこの馬、芝1400mの重賞、京都牝馬Sに3着がありました。

牝馬は〔335〕。

最後に年齢別に見ておくと、3歳〔231〕、4歳〔410〕、5歳〔444〕、6歳〔014〕、7歳〔011〕。

5、4、3歳の順にいいようです。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』