GⅢ・京成杯AH(日曜・中山)芝1600m

ハンデ戦、新潟で行われた14年を除くデータは過去9回です。

1番人気は〔301〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔120〕。

6番人気以下〔255〕、2ケタ人気馬〔132〕。

馬連3ケタはなく、万馬券2本。

波乱のハンデ重賞です。

ステップレースを見ていきましょう。

まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

NHKマイルCから〔002〕。

中京記念から〔202〕。

関屋記念から〔143〕。

その他、ダービー、七夕賞から勝ち馬が。

安田記念、ヴィクトリアマイル、ダービー卿CT、函館SSから2着馬が。

東京新聞杯から3着馬が出ています。

重賞組は、人気、着順不問ですが、好相性の2つのレースには傾向があるようです。見ていきましょう。

〔202〕の中京記念からは、2着馬3頭と、6着馬。

〔143〕の関屋記念からは、4着以内6頭と、6着と9着の馬でした。

以下、OPから〔111〕。勝ち馬2頭に、3番人気10着馬。連対の2頭は勝ち馬です。

3勝クラスから〔300〕。1、2番人気で勝ち上がった馬です。

トップハンデは、過去9回で12頭いて〔021〕。

勝ち馬のハンデは56〜52キロで、平均すると54.22キロ。

2着馬は58〜52キロで、平均55.22キロ。

3着馬は58〜53キロで、平均55.39キロ。

トップハンデは2着まで。

勝ち馬は56キロまで。

52キロで連対の3頭は、牝馬。馬券圏内の牡馬は、すべて53キロ以上を背負っていました。

連対18頭中、16頭に芝1600mの重賞に掲示板があり、なかった1頭は芝2000mの重賞に2着があったフラアンジェリコ(15年優勝)、もう1頭は前走3勝クラス勝ちで、ここが初の重賞出走だったミッキーグローリー(18年優勝)。この2頭には、中山芝1600mに勝ちがありました。

また、連対18頭中、16頭に芝1600mの勝ちがあり、残る2頭にも芝1600mのGⅠ3着がありました。

牝馬は〔350〕。

年齢別に見ておくと、3歳〔213〕、4歳〔202〕、5歳〔442〕、6歳〔031〕、7歳〔111〕。

5歳馬がいいようです。

勝ち馬9頭中、8頭が10番枠より内の馬。残る1頭は12番枠での勝利でした。

中山マイルは外枠が不利。その傾向が表れているといえそうです。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』