2号2ラン含む1イニング2安打マークした高寺望夢

9月11日に安芸タイガース球場で行われたウエスタン・リーグのオリックスバファローズ戦に、「2番・三塁」で先発出場した高寺望夢は、5打数3安打3打点1HR。2号2ランホームランを含む1イニング2安打をマークするなど4試合連続安打を記録し、1軍昇格へアピールした。

小野寺暖、井上広大、豊田寛、小幡竜平などのタイムリーヒットで7点を奪った初回、2アウト1塁の場面で打席に立った高寺望夢は、第1打席でレフト前ヒットを放ったオリックスバファローズ先発の川瀬堅斗の4球目ストレートをライトへ弾き返す2号2ランホームランを放ち、一挙9点の猛攻を締めくくった。

さらに、8回1アウト1、3塁のチャンスの場面で、オリックスバファローズ5番手・齋藤綱記の2球目145キロのストレートをライトへ運ぶタイムリーヒットを放ち、今シーズン4度目の猛打賞を記録した。

高寺望夢は、5月度「スカパー!ファーム月間MVP賞」を受賞し、8月1日に神宮で実施される大学・社会人選抜の「野球伝来150年 プロアマ記念試合」に臨むU23NPB選抜のメンバーに森木大智と共に選出されるなど、天性の打撃センスに矢野監督も一目置く阪神タイガースの期待の選手だ。

今シーズンは、6月8日に初めて1軍登録され、4試合に出場し、3試合で先発したが、8打数ノーヒットと、1軍初安打を放つことが出来ず、12日に2軍降格となっていた。

しかし、2軍降格後も打撃の調子を落とすことなく、1軍で足りなかった部分を見つめ直しつつ、矢野監督も一目置く天性の打撃センスに磨きを掛けている。

ウエスタン・リーグの安打数ランキングでは、87安打で首位に立つチームメイトの井上広大に次ぐ83安打で2位につけている。

高寺望夢には、引き続き2軍で結果を残しながら、1軍再昇格のチャンスを待ち、次に上がった時は、1軍初ヒットに留まらず、ヒットを量産し、1軍に定着するほどの活躍を期待したい。