プーマ ジャパン株式会社
プーマ ジャパン株式会社(本社所在地:東京都品川区)は、1987年に登場した「SLIPSTREAM(スリップストリーム)」の誕生から35周年を記念し、1988年にライフスタイル仕様として登場した“レオパードモデル”を日本の匠の技が光る“MADE IN JAPAN”で復刻した「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ(スリップストリーム ロウ ビースト MIJ)」を2022年9月17日(土)より発売します。


「SLIPSTREAM」は、1987年に「SKY LX(スカイ ラックス)」の後継モデルとして誕生したバスケットボールシューズです。パフォーマンス、安定性、クッション性の高さから、コート上ではバスケットボールプレイヤーに愛用され、ストリートでもファッションスニーカーとして人気を博しました。1988年に登場したレオパードモデルは、アッパーのデザインに、白の補強パーツにレオパード柄(白ヒョウ)、黒の補強パーツにレオパード柄(黒ヒョウ)をあしらったライフスタイルモデルとして登場しました。2013年に25周年モデルとして初復刻されて以来、二回目の再復刻となります。




「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ」を制作するにあたり、アッパーにはイタリアより取り寄せた希少価値の高いプレミアムなハラコ(毛付きレザー)を採用しています。周りのトリミング部分には日本最大の皮革産業地域である姫路の革職人の技術で生み出されたスムースレザーを使用し、あえてマットに仕上げることでレオパード柄を引き立たせています。また、原皮一枚一枚の毛の流れに個体差があるファー素材は、熟練した裁断技術により製品段階で毛の向きが均一になるように揃えられ、つり込み時には巻き込みがないようひとつひとつ丁寧に成型されています。


今回復刻する「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ」のレオパード柄は、原皮ごとに色の濃淡の差異が起こりやすいため、革職人により入念な仕分け・素材選定が施されています。日本製ならではのバランスにこだわり、着用時のスッキリとしたシルエットの美しさも重視しています。インソールには、人の足型のラウンドに合うカップインソールを採用し、足馴染み、フィット感も重視しています。今作では、2013年に発売された前作の復刻モデルとは異なり、アウトソール前後に配置された円形部分(ピボットゾーン)のカラーは黒単色で仕上げ、さらに、サイドには「SLIPSTREAM」のロゴを配し、誕生 35 周年を記念して蘇った限定モデルに仕上げています。

「SLIPSTREAM LO BEAST MIJ」は、プーマストア 原宿キャットストリート、プーマストア大阪、プーマ公式オンラインストア(https://jp.puma.com/)、一部取扱い店舗にて販売します。なお、プーマ製品の取扱い店舗につきましては各取扱い店舗のウェブサイトにてご確認ください。

〈商品詳細〉



商品名:SLIPSTREAM LO BEAST MIJ
希望小売価格:35,200円(税込)
商品番号:390145
カラー:02/03

【PUMAについて】

プーマは、フットウェア、アパレル、アクセサリーのデザイン、開発、販売、およびマーケティングを行うグローバルスポーツブランドです。“最速”を求めるアスリートに向けたプロダクト開発を通し、70年以上にわたりスポーツとカルチャーの発展を加速させてきました。現在は、フットボール、ランニング & トレーニング、バスケットボール、ゴルフ、モータースポーツなどのカテゴリーにおいて、各競技に向けたプロダクトとともに、それぞれのスポーツにインスパイアされたライフスタイルプロダクトを提供しています。また、著名なデザイナーやブランドとのコラボレーションを通じて、スポーツの持つ素晴らしさをファッションやストリートカルチャーのシーンにも広げる取り組みを進めています。プーマグループは、プーマ、コブラゴルフ、Stichdの各ブランドを有し、ドイツのヘルツォゲンアウラッハに本社を置いています。120カ国以上でビジネスを展開し、世界中に14,000人以上の従業員がいます。詳細は、https://jp.puma.comをご覧ください。