シャフトのしなりにはハンドファーストが必須条件になる訳とは?

◎飛距離アップの基本はシャフトをしならせること
飛距離アップをするためにはもちろん、ヘッドスピードを上げなければなりませんが、その前に「芯に当てる」ということが大前提になります。

どんなに速くクラブを振っても、ミート率を上げないことには、初速が増えないので当然飛距離は伸びません。

しかしそれはスイング作りの話になってしまうので、ここではある程度スイングができているという前提でお話をすると、飛距離アップに関して最も大事なのは、シャフトをダウンスイングで、どれだけしならすことができるかに尽きると思います。

おそらくほとんどの方が、腕の動きを止めてヘッドを走らせれば、飛距離が出ると思っていると思いますが、実際は腕が止まらないほうが、シャフトのしなり戻りというのは強く発生します。

ですからドライバーにおいても、やはりハンドファーストのインパクトは必須条件で、まずハンドファーストにボールをとらえることです。

これでシャフトがインパクトにかけてしなり戻り、より強いエネルギーがボールに発生します。

そしてアイアンと同じように、しっかりとフェースターンをすることでヘッドが加速します。

この一連の動作の中で、シャフトをしっかりしならせるという感覚を、身に付けなければいけないのですが、 そもそもシャフトを速く振るためには当然、バックスイングでもある程度スピードを上げていかないと、シャフト自体が生きてきません。

ところが多くのアマチュアは形を作りに行ってしまって、バックスイング側でスイングをしていない人がとても多いのが現実です。

ですからまずは、バックスイングでも文字通り、しっかりスイングをしなければいけないということを頭に入れておきましょう。

出典:『最強インパクトを作る うねりスイング(世界基準のゴルフを身に付ける!)』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。