ピアニスト

幼児期〜小学校8年間、ピアノを習うと…
約120〜220万円

月謝や発表会費、教材費、 ピアノ購入費など。

プレママ・ママの不安は子どもの「教育」と「お金」

親が不安に思うことは、まだよく見えない教育にかかるお金とその準備。

子どもには自分の好きな道を進んでほしいし、いろんな選択肢を揃えてあげたいですよね。

実際にママたちはどんなことを不安に思っているのでしょうか?

ママたちが「教育」や「お金」が不安なのは、子どもに安定した幸せな生活を送ってほしいから。

でもいい大学を出ていい企業に入れば本当に幸せになれるの?

教育のプロ、ドクトル松永に聞きました。

これからの社会で活躍できるのは、自分から問題を見つけ、それを解決するために多様な人々と協力して取り組める「主体性」を持った人!

その力をつけるのにぴったりなのが、面白いと思ったことを自らの意思で掘り下げていく勉強の仕方=アクティブ・ラーニングなのです。

家庭で子どもの「主体性」を育むには、子どもの夢を応援することがカギになってきます。

子どものなりたい職業ランキングも夢を目指すための体験も、子どもが成長した10年後も今と同じではありません。

これまでのマネープランの王道は、お金がかかる大学進学時期に備えて子どもが小さい時期にお金を貯めるというものでしたが、昔と今では、そのペース配分も変化してきています。

変化の激しい時代の中、見えない未来へと備える姿勢と覚悟が親には求められます。

教育とお金の話ハンドブックでは「子どもの教育資金をいくら貯めるか」だけでなく、どの段階に力点を置いて子どもに教育費をかけるのかについても解説しています!

この小冊子では、今の教育とお金についてのトレンドをわかりやすく解説。最適なマネープラン作りにお役立ていただける一冊です。