国立西洋美術館のピロティは市民のため?

上野の国立西洋美術館はル・コルヴィジェが設計した日本唯一の建築作品です。20世紀初頭までの美術館は、国家や王、貴族といった権力者が自らの権威を示す舞台でもありました。豪華な玄関、見上げるような立派な階段を持つ館内に、豊富なコレクションを展示し、威厳を表現することが重要だったのです。

しかし、ライトと並ぶ近代建築三大巨匠の一人に数えられるコルヴィジェがつくったのは、市民のため、作品のための美術館でした。

国立西洋美術館の外観を見ると、1階は柱が並び、上階の建物を支えるピロティ形式になっています。ピロティ内のガラス張りが入口になっており、玄関を意識することなく、自然に入っていく構造です。そこに美術館を権威つける象徴だった玄関や階段はありません。

市民に開かれた大きなホールに入ると作品が飾られており、来場者は作品を眺めながら、上階の展示空間につながるスロープを上っていきます。権力者の美術館から、市民の美術館へ。この建物にはそんなコルヴィジェの思いが込められているのです。

1930年代以降、コルヴィジェは世界各地で多くの美術館を計画しました。そこには一貫したコンセプトがあります。それは、収蔵品の増加に応じ、展示空間が拡張するというアイデアです。国立西洋美術館では、カタツムリが渦を巻くように、展示空間が螺旋状に連なり続ける構造を目指しました。

市民のニーズに応じて展示が増えていく。まさに市民のため、作品のために計画された美術館といえるでしょう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話』

『建築の話』はこんな人におすすめ!

・世界中の様々な建築に興味がある!
・日本の伝統的な建築物について学んでみたい
・お寺や神社の建築について知りたい
以上の方には「図解 建築の話」は大変おすすめな本です。

「うだつが上がらない」は建築からうまれた言葉?

本書、「図解 建築の話」では建築について様々な知識を提供していますが、ここではその中でも日常生活でもなじみのある「うがつが上がらない」という言葉について、ご紹介しましょう。

「うだつの上がらない人だ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。うだつは漢字で「卯建」と書き、日本家屋に見られる設備です。うだつは防火設備だと解説されることがありますが、当初の目的は違いました。

中世から近世にかけての町家の屋根は、多くが板葺きでした。強い風にあおられると、めくれあがってしまいます。これを防ぐため、茅などを束ねて屋根を押さえたのが、うだつの始まりです。そもそも可燃性ですから、防火機能はほとんどなかったと考えられます。江戸時代に入ると、壁が漆喰塗りになり、屋根は瓦になって、町家の防火性は高まりました。しかし、軒裏部分は火が走りやすいので、袖壁を外に出し、漆喰で固め、延焼を防ぐ「袖うだつ」が登場します。

うだつが防火設備から意匠をこらしたものをにかわったわけ

このころ、うだつが防火設備になったのです。火事が多いのは冬ですから、袖うだつは冬に風が吹く側につければこと足ります。しかしそれではバランスが悪いので、厚みの違うものを両サイドにつけるようになりました。よく観察すると、風下側のうだつは薄く、風上側は火に耐えるよう厚く、つくられていることがわかります。

とはいえ、このようなうだつを設置するのにはそれなりの費用がかかります。そこから「うだつの上がっている家は成功している」というイメージが浸透し、「うだつが上がらない」という表現がうまれたようです。そのためか、現在も残っているうだつの多くは、本来の機能とは別にうだつの壁面には細かい装飾や小屋根に意匠を凝らしたものとなっています。

あなたの好奇心をくすぐる建築のトリビアが満載です

只今紹介した「うだつ」という言葉の由来だけでなく、本書では建築の様々な知識を紹介しています。その数実に60個です!以下の5つのパートに分けて紹介をしているため、気になるパートから読むことが可能です。

「①日本の建築は知らないことだらけ」「②こんな目で見ると近・現代建築も面白い」「③寺社はこだわりの世界」「④城・庭が育んだ日本の美意識」「⑤建築を支えた縁の下の力持ち」の5章にわたって、日常生活において切手は切り離せない「建築」の奥深い世界を図解で分かりやすく解説します。

シリーズ累計250万部は伊達じゃない!豊富に使われた図解の圧倒的わかりやすさ

「図解 建築の話」と銘打っているだけあって、図解がふんだんに使われています。

右ページに文章、左ページに図解で解説という形で全頁が構成。

さくっと読めてしまうのに、しっかりとした専門家の知識を身につけることができるのが最大の魅力です!

この「眠れなくなるほど面白い図解シリーズ」は250万部を突破している大ヒットシリーズです。

あなた日々の生活を豊かにする心理学の知識をあなたに!

日々の生活で特に意識をしたことはない建築。しかし、そこには奥深い世界が広がっています。この本で得た知識をきっと明日から誰かに話したくなることでしょう。

本書を読むことで日常生活が少しでも豊かになること間違いなしです。ぜひ『眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話』をご一読ください!