朝イチのティーショット②

◎一連のスピードでフィニッシュまでしっかりと振ろう
朝一のティーショットではあくまでも「クラブを振る」という前提にしてください。振った結果ボールが飛ぶ、という因果関係でなくてはなりません。

当てようという意識と動作が結果として体をボールに向かわせてしまいますし、いきなり体勢を崩してドひっかけやとんでもないスライスになったり、それ以外にも球を上げにいったりとか、インパクトにおけるいろいろな心理的要因がクラブの挙動に現れてしまうのが朝イチのショットです。

そうならないためには、アドレスをとったらとにかくフィニッシュまで振り抜いてバランスよく立つということを心がけてください。

まず事前に必ず素振りをします。しっかりと一連のスピードでフィニッシュまでいって、クラブが体にぶつかるところまで振る。

そこで自分のボールが落下するまで見ていられるぐらいの力感で打つようにしてください。

そうすれば、いきなり手先で当てにいくというエラーがかなりの部分防げます。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。