食べる順番を変えるだけで脂肪にならない場合も

人間はご飯やパンから糖質を摂取し、エネルギーに変えています。しかし、摂り方を間違えると血糖値が急上昇して脂肪になりやすくなります。血糖値が急上昇すると糖をエネルギーに変換するインスリンの働きが追いつかず、糖が余ってしまって脂肪になるのです。

おすすめは、野菜などの食物繊維を先に食べることです。血糖値の上昇が緩やかになり、糖を余すことなくエネルギーに変換しやすくなります。しかし野菜を先に食べるからといって、なんでもいいというわけではありません。カボチャやジャガイモなど野菜でも糖質が高い場合があるので注意が必要です。

食べる順番だけで糖質の行き場が変化

パンや白米など糖質から先に食べると、血糖値が急上昇してインスリンが糖を分解しきれなくなります。その糖がエネルギーになれないまま余り、脂肪に変換されて肥満の原因になります。

一方で野菜などの食物繊維から食べると、血糖値は緩やかに上昇するのでインスリンは十分に糖を分解することできます。糖が分解されると、脂肪になりにくいので太りにくい体質になります。

「食材と栄養素の話」はこんな方にオススメ!

・どの食材が一番栄養があるのか
・食習慣を見直したい
・どのように栄養素を摂れば吸収率が高いのか
・食品表示の読み方を知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『食材と栄養素の話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『食材と栄養素の話』監/牧野 直子