昔の食材のほうが血糖値を緩やかに上昇させる傾向

血糖値が急上昇すると脂肪がつきやすくなったり、疲労感が出たりと悪循環になることがわかったと思います。しかし、糖質は重要なエネルギー源なので、上手な摂り方を知りたいものです。

糖質の中でも特に血糖値を上げるものを「白い食材」という場合があります。白米、食パン、砂糖などは精製されて色が白く、血糖値を上げやすいのです。一方で茶色い食材といわれる玄米やてんさい糖は血糖値を上げにくい食材です。茶色い食材を積極的に摂ると健康な体を作りやすくなります。

食材別のGI値と血糖値を上げない糖

GI値とは、食品を摂取して2時間までの血液中の糖濃度を測ったものです。GI値が70以上だと高GI値食品になります。GI値が高い食べ物は、血糖値が上がりやすくなり、脂肪がつきやすく生活習慣病のリスクも上がります。野菜にもGI値が高いものがあり、すべてが低いとは限りません。ジャガイモやにんじんはGI値が高い食材なので、注意しましょう。

また糖の中には血糖値を上げない糖もあり、近年注目をされています。

〇ラカント(GI値0)・・・ラカントはGI値が0の糖質です。羅漢果というウリ科の植物から精製されている自然の甘味料です。

〇ステビア(GI値0)・・・ステビアもGI値0の糖質です。ステビアはキク科の植物で、自然の甘味料です。

〇アガベシロップ(GI値21)・・・アガベシロップも低GIの糖質です。やはり植物の甘味料で、はちみつのように使用できます。

「食材と栄養素の話」はこんな方にオススメ!

・どの食材が一番栄養があるのか
・食習慣を見直したい
・どのように栄養素を摂れば吸収率が高いのか
・食品表示の読み方を知りたい!

そう感じている方にはぜひ本書『食材と栄養素の話』を手に取っていただけたらと思います。

出典:『食材と栄養素の話』監/牧野 直子