ボールがフェースに乗っている時間が長いとスピンがかかる

アプローチショットの場面ではボールを止めなければいけない状況があります。

たとえばボールが左足下がりの斜面にあるのに対して、カップがグリーンエッジの近くにあって、なおかつ奥に向かって下りになっているような場合にはボールを止めるしかありません。

プロが当たり前のようにキュッとスピンをかけて止めている状況ですが、どのような技術を使っているのかを説明したいと思います。

アプローチショットでは、フェースにボールが乗っている時間が長いほど、スピンがかかるのでそれを覚えなければなりません。

アマチュアはボールの下をキュッとこすって後からボールが飛ぶような球がスピンがかかっていると思いがちですが、実は意外とスピンはかかりません。感覚的にフェースに食いついている感じのボールのほうがスピンはかかるのです。

まず最初にやっていただきたいのは、バックスイングをしないでフェースにボールを乗せて飛ばす練習です。

ですからスピンをかけるための第1ステップは、アドレスの状態からボールを飛ばすことであり、やさしくはありませんがこれを練習してください。

多くの人はクラブがボールの下を潜ってしまってボールが飛びませんが、このクラブの使い方ではスピンはかかりません。したがってこの練習でも飛んでいくボールに対して、クラブヘッドを同じ方向に動かす必要があります。

そうすることでフェースにボールが乗っかっていきます。

このとき感覚的にはクラブヘッドがアウトサイドに出ていくイメージです。

クラブをそう使いながらフック回転をかけるように打つとスピンがかかります。

ただしフック回転をかけようと、バックスイングをインサイドに引いてしまうとスピンはかかりません。

アウトサイドに上げてややインサイドから下りてきてインパクト。そこからアウトサイドに出していくように打つとボールがフェースにすっと乗っかります。

難しい技術ですが、バックスイングなしでボールを飛ばすのは、これを習得するために不可欠な練習です。

これができたらバックスイングをして打ちます。

アウトに上げてアウトに出していくので、感覚としてはクラブヘッドがV 字を描くイメージです。

インサイドにクラブを抜いたらフェースに乗っかりませんので、自分の見た目上でアウトサイドに出ていくようにクラブを使ってください。

このような軌道で打てるようになると、ボールを拾うような感覚が出てきて、フェースにボールが乗るようになります。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。