外からクラブを入れるしかない状況でどうスピンをかけるか

極端なつま先下がりにボールが止まり、なおかつグリーンの間にはバンカーがあるというような状況になったらどうしますか?

転がすことができれば問題ありませんが、上げて止めなければならないとなると難易度がぐっと上がります。

当然のことながらクラブをインサイドから入れてフェースに乗せることはできません。となるとスペースのあるアウトサイドから入れることになりますが、そのまま振ると左に飛んでしまうので、フォローをアウトサイドに出すことでフェースに乗せスピンをかけます。

自分の目の前でVの字を描くようなイメージですが、通常の円を描くようなイメージとは逆にクラブを動かすということですね。

フェースを閉じながらアウトから下りてきて、インパクト後に開きながらアウトに抜けていくというような感覚があると、この難しい状況でもボールを上げられますし、フェースにボールを乗せてボールを止めることができます。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。