ボールを運ぶように打ってスピンをかける

追い風が吹く状況では、風に押されてボールはどんどん転がってしまいますので、ラフだったり、下り傾斜へ打っていくような場合には、とても難しいアプローチになります。

グリーンの手前に1クッションさせて転がし上げるか、ボールを上げるかの2択になりますが、落とし場所が逆目のラフだったりと、転がりが予測しにくいときには、リスクが大きくなるので、ボールを上げる打ち方をオプションとして持っておく必要があります。

当然フェースを開きますが、アウトサイドインの軌道で切るように打つと、だるま落としになる危険性がありますし、うまく打てたとしてもボールに勢いがないのでショートしてしまいがちです。

ですからボールを上げるときには、クラブヘッドでボールを運ぶように低いところから高いところを使って打つようにしましょう。

インサイドから入れてフックをかけるようなイメージでゆっくり飛ばします。そうするとこの場面でもボールがフェースに乗りますから、スピンがかかってボールが止められるのです。

ただし、くれぐれも欲張りすぎは禁物。絶体絶命の場面では、最低限パーパットが打てるようにグリーンに乗せることを考えてください。

このときカットに打つロブショットを選択すると、それすらもできなくなる可能性があるということです。

出典:『うねりスイング 実戦ラウンド編1 ドライバー・アプローチ・パッティング50の最強ワザ』著/三觜喜一

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。