GⅠ・エリザベス女王杯(日曜・阪神)芝2200m

最強牝馬決定戦。例年は京都で行われるレースですが、20、21年同様、今年も阪神の芝内回りでの施行となります。

データは過去10年です。

1番人気は〔132〕、2番人気は〔101〕、3番人気は〔402〕。

6番人気以下〔362〕、2ケタ人気馬〔110〕。

馬連3ケタ1回に、万馬券2本。

10年のうち8回で1〜3番人気が連に絡むも、ヒモ荒れの傾向に。波乱含みの牝馬GⅠです。

ステップレースを見ていきましょう。

秋華賞から〔231〕。3着以内4頭に、6着馬2頭。

オークスから〔001〕。勝ち馬。

ヴィクトリアマイルから〔001〕。2着馬。

宝塚記念から〔001〕。3着馬。

府中牝馬Sから〔553〕。掲示板10頭に、7着馬3頭。

オールカマーから〔210〕。掲示板確保の馬。

札幌記念から〔101〕。3着馬。

新潟記念から〔001〕。3着馬。

2勝クラスから〔011〕。1番人気1着馬です。

前走で掲示板を外していながら馬券に絡んだのは5頭。府中牝馬S7着馬3頭と秋華賞6着馬2頭です。

また、5歳以上で馬券に絡んだ馬は6頭いますが、すべて前年のエリザベス女王杯で6着以内に頑張っていた馬です。

勝ち馬10頭の前走を見ると、3歳は秋華賞から、4歳以上はGⅠかGⅡからに限られます。

連対20頭中16頭に芝2000m以上の勝ちがあり、残る4頭にはGⅠでの掲示板がありました。

連対20頭のうち、重賞勝ちがあったのは14頭です。

年齢別で見ていくと、3歳〔242〕、4歳〔637〕、5歳〔221〕、6歳〔010〕。

4歳馬がいいようです。

近6年続けて、関西馬が1〜3着を独占。今年は関東馬が一矢報いることができるかどうか?注目です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』