アルゼンチン共和国杯(日曜・東京)

芝2500mのハンデ戦、GⅡ。

過去10年、1番人気は〔311〕、2番人気は〔300〕、3番人気は〔207〕。

6番人気以下〔222〕、2ケタ人気馬〔001〕。

馬連3ケタ1回に、万馬券なし。

3番人気の複勝率90%は、特筆すべき数字と言えそうです。

 

ステップレースを見ていきましょう。

まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。

宝塚記念から〔200〕。

天皇賞・春から〔110〕。

ダービーから〔101〕。

オールカマーから〔121〕。

札幌記念から〔011〕。

その他、目黒記念、青葉賞から勝ち馬が。

京都大賞典から2着馬が。

ラジオNIKKEI賞、新潟記念から3着馬が出ています。

重賞組の人気、着順は不問です。

OPから〔131〕。3着以内が3頭に、2番人気だった馬が2頭。

3勝クラスから〔224〕。すべて3着以内の馬ですが、3番人気以内だった馬が7頭に、8番人気だった馬が1頭。この1頭は本番では3着でした。

ちなみに、3勝クラスの中でも六社Sからが〔122〕。覚えておくといいかもしれません。

勝ち馬の9頭が芝2200m以上のレースから。残る1頭も芝2000mのレースからでした。

馬券圏内30頭で見ても、29頭が芝2000m以上のレースから。例外の1頭は、芝1800mのラジオNIKKEI賞から。この馬は3着でした。

 

トップハンデは、10年で14頭いて〔211〕。

勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56.05キロ。

2着馬は57.5〜55キロで、平均55.55キロ。

3着馬は57.5〜51キロで、平均54.95キロ。

勝ち馬は54キロ以上。基礎重量が1キロ上がった今年は、55キロ以上ということになりますか。

また、54キロ以下だった馬は〔212〕。この5頭はすべて前走3着以内。好調の波に乗っていたと言えそうです。

 

連対20頭中、10頭に重賞勝ちがあり、7頭に重賞2、3着またはOP勝ちがあり、残りの3頭はすべて同年の芝2400mの3勝クラスを勝ち上がった馬です。

また、連対20頭中、16頭に芝2400m以上での勝ちがあり、17頭に東京芝での連対歴がありました。

 

牝馬は〔000〕。

年齢別で見ておくと、3歳〔202〕、4歳〔533〕、5歳〔155〕、6歳〔220〕。

この4世代でまんべんなくのイメージです。

 

昨年こそ、キラーアビリティが出走して8着に敗れた3歳馬ですが、それまでは出走4頭すべてが馬券圏内に。3歳馬の出走があれば、注意が必要です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』