みやこS(日曜・京都)

ダート1800m戦、GⅢ。

阪神で行われた20〜22年は除きますが、18年もJBCを京都で開催したため、みやこSは中止となりました。

従いまして、データは12〜17年と19年の、過去7回となります。

 

1番人気は〔111〕、2番人気は〔300〕、3番人気は〔011〕。

6番人気以下〔252〕、2ケタ人気馬〔010〕。

馬連3ケタ1回に、万馬券2本。

連対の半数が6番人気以下の伏兵。波乱含みのダート重賞です。

 

ステップレースを見ていきましょう。

交流GⅠの帝王賞から〔001〕。2番人気6着馬。

同じく南部杯から〔001〕。5番人気3着馬。

エルムSから〔300〕。1番人気で3着以内の馬。

レパードSから〔011〕。共に2番人気1着馬。

シリウスSから〔011〕。10番人気5着と3番人気2着の馬。

交流GⅢの白山大賞典から〔010〕。1番人気1着馬。

平安Sから〔001〕。5番人気3着馬。

アンタレスSから〔001〕。1番人気4着馬。

OPのブラジルCから〔220〕。1番人気で4着、8着と、2番人気2着馬に4番人気7着馬。

ラジオ日本賞から〔111〕。1番人気1着、2番人気6着、2番人気3着の馬。

太秦Sから〔100〕。3番人気2着馬。

3勝クラスから〔010〕。6番人気1着の馬でした。

馬券圏内21頭のうち、前走クラスにかかわらず、3着を外していたのは7頭。そのうち5頭は1または2番人気に推されていた馬。残る2頭は、4番人気7着と10番人気5着の馬。

人気と着順のどちらも“6”以上だった馬の馬券圏内はありません。

 

連対14頭中、12頭に重賞3着以内があり、そのうち重賞勝ち馬は6頭。重賞勝ちがなかった8頭のうち、5頭にはOP勝ちがあり、残る3頭中2頭にはOP2着がありました。例外の1頭は、前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりの、17年2着ルールソヴァールです。

また、連対14頭中12頭にダート1800mでの勝ちがあり、前走で勝ち馬から1秒1以上離されていた馬の連対は1頭のみです。

 

牝馬は〔000〕。

年齢別で見ておくと、3歳〔031〕、4歳〔510〕、5歳〔123〕、6歳〔101〕、7歳〔002〕、8歳〔010〕。

4歳馬がいいようです。

 

阪神で行われた20〜22年を合わせると、太秦S組が〔310〕、シリウスS組が〔112〕。4年連続で馬券に絡んでいます。今年も注目しておく必要があるかもしれません。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』