血糖値やコレステロール値にも作用する

スーパーフード高野豆腐は、食物繊維の豊かさも特徴といえます。食物繊維は、胃や小腸などで消化・吸収されずに、そのまま大腸まで届けられる栄養素。腸を整える働きから、3大栄養素、ビタミン、ミネラルに次ぐ「第6の栄養素」と呼ばれています。

とり込まれた食物繊維は、腸内の腐敗物や有毒物質、余分な脂肪や糖などを体外へ排出したり、腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やしたりと、腸内環境を整えるために働いてくれます。なお、食物繊維には不溶性、水溶性の2種類があり、高野豆腐は不溶性食物繊維が特に豊富。水に溶けずとり込まれた食物繊維は、腸内の腐敗物や有毒物質、余分な脂肪や糖などを体外へ排出したり、腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やしたりと、腸内環境を整えるために働いてくれます。

なお、食物繊維には不溶性、水溶性の2種類があり、高野豆腐は不溶性食物繊維が特に豊富。水に溶けずに水分を吸収しながら数倍〜数十倍に膨らむ性質上、胃や腸の中で膨張して内側の壁を刺激し、排便を促す作用もあります。食物繊維の様々な働きで腸内が整えば、たんぱく質をはじめとした栄養の吸収もよくなり、それが筋肉の増量から基礎代謝量の向上、脂肪蓄積の抑制へと繋がるわけです。

また、腸内環境の改善で善玉菌が増えると、善玉菌が生み出す短たん鎖さ 脂肪酸を増やすことになります。短鎖脂肪酸には脂肪の吸収を抑える上、脂肪を積極的に消費する働きが。このため、腸内に短鎖脂肪酸が多い人は、そうでない人と比べて、同じ食生活をしても太りにくいという研究報告があります。これも食物繊維の有効性のひとつです。

出典:『肥満治療の名医が教える 図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術』