右手1本逆さ素振りで軌道もチェック スウィングの残像から軌道を確認しよう 逆さ素振りなら軌道も見える

右手逆さ素振りですが、体を使う意識が強い人の場合、極端なアウトサイドインやインサイドアウトの軌道になることがあります。
その傾向がある人は、写真のように、クラブが通過する軌道の向こう側と手前側にボールを置いて、その間を通すように逆さ振りをしましょう。

2個のボールの間隔はその人のレベルに合わせればいいのですが、意外とスウィングに変なクセが付いていない初心者のほ
うが、ストレート軌道で振れたりするものです。自分の軌道のチェックにもなるので、ぜひやってみてください。

ボールとボールの間を振り抜く

ボールとボールの間を通す意識でダウンスウィング。ただし、スウィングスピードは落とさないように。

ボールとボールの間を振り抜く1『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

軌道を目に焼き付けよう

ボールがあってもインパクトゾーンでは“ブンッ”と音を鳴らす。ボールの間隔はそれぞれが振りやすいように。

ボールとボールの間を振り抜く2『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

クラブが通った軌道を目に焼き付けて、その残像をチェック。思っていたよりも軌道が斜めになっていることも。

【NG】カット気味に入る

【NG】カット気味に入る『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

アマチュアに多いカット軌道。この軌道になっていたらすぐに修正。

【NG】インサイドから入る

【NG】インサイドから入る『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

インサイドから入り過ぎてアウトサイドに抜けていく軌道も修正が必要。

出典:『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』著/森山錬

【著者情報】
●森山錬
1996年生まれ。小学校1年生でゴルフスクールにてゴルフを始め、丸山茂樹プロのジュニアスクールで腕を磨き、小学6年生のときに全国小学生ゴルフ選手権で優勝。フジサンケイジュニアクラシックで行われるジュニアドラコン選手権で300ヤードを記録し史上2人目の中学生チャンピオンとなる。その後、中島啓太らを輩出した代々木高等学校で部長として東京都大会6連覇(団体戦)の成績を残す。2018年には東京都アマチュア選手権で優勝。ANAオープン、東海クラシック、マイナビABCなどのマンデーにも出場経験あり。2019年からレッスン活動を開始。イーストゴルフスクール五反田店、学芸大ゴルフスタジオにて活動中。