普段より右側に振り抜くことで理想の飛球線となる とにかく右に振り抜くことが大事

実際にプロとアマを比較してみると、プロはアマほど左に引っ張り込んでいません。だから、飛球線方向にボールが飛び出すし、ボールを押せるから強い弾道になります。また、右に出す(プロにとっては真っ直ぐ)意識があるのでカット軌道にもなりません。

一方、地面の真っ直ぐに打ち出そうとするアマは、クラブを引っ張り込む形になります。空中の真っ直ぐをイメージするのが難しい場合でも、地面の真っ直ぐより右に振り抜く意識を持ってみてはいかがでしょうか。

プロのフォローのイメージ 正しく真っ直ぐに振り出せば球も強く押せる

プロのフォローのイメージ『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』

空中の真っ直ぐに振り抜けるのがプロ。これができれば真っ直ぐに飛び出すし曲がらない。

アマに多いフォローのイメージ

後方から見ると相当左に球が出る『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』

地面の真っ直ぐしかイメージできないアマは、左に振り抜く。これがスライスの一因になる。

出典:『サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法』著/坂元龍斗

【著者情報】
●坂元龍斗
関西テレビ放送アナウンサー。早稲田大学卒業後、関西テレビ放送に入社。報道リポーターなど本業の傍ら、趣味であるゴルフのYouTubeチャンネルを開設し、日々探求を続ける。ベストスコアは76。