マイルCS(日曜・京都)

秋のマイル王決定戦。芝外回り1600m戦、GⅠ。

阪神で行われた20〜22年を除く、データは過去7回です。

1番人気は〔021〕、2番人気は〔130〕、3番人気は〔230〕。

6番人気以下〔104〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。

馬連3ケタ1回に、万馬券なし。

1番人気に勝ちはありませんが、毎年1〜3番人気が連に絡んでいます。

 

ステップレースを見ていきましょう。

安田記念から〔100〕。勝ち馬。

スプリンターズSから〔100〕。2着馬。

天皇賞・秋から〔012〕。4着以内の馬。

毎日王冠から〔202〕。掲示板確保の馬。

京都大賞典から〔100〕。3着馬。

スワンSから〔031〕。3着以内の馬。

札幌記念から〔001〕。勝ち馬。

GⅢ時代の富士Sから〔231〕。掲示板5頭に、1番人気7着馬です。

富士SがGⅡに格上げされたことを考えると、馬券圏内21頭すべてが、GⅠまたはGⅡから。

前走で掲示板を外していたのは1頭だけ。14年1着のダノンシャーク(富士S1番人気7着)ですが、それでも勝ち馬からは0秒3しか離されていませんでした。

また、前走がGⅠ以外なら、前走で5番人気までの支持が必要です。

 

連対14頭中、13頭に芝1600mでの勝ちがあり、例外の1頭は13年の勝ち馬トーセンラー。この馬は、ここが初めての芝1600m戦でした。

同じく、13頭に芝1600mの重賞での3着以内があり、例外のトーセンラーには芝1800mの重賞勝ちがありました。

さらに、連対14頭中、12頭にGⅠ3着以内があり、そのうち10頭には芝1600mのGⅠに3着以内がありました。

牝馬は〔000〕。阪神施行時の3回では〔201〕。この3頭の牝馬は、当日1、2番人気に推されていた馬です。

 

年齢別で見ていくと、3歳〔201〕、4歳〔242〕、5歳〔224〕、6歳〔110〕。

この4世代で、まんべんなくのイメージでしょうか。

 

このレース、過去の好走馬が繰り返しの好走を見せるのも特徴のひとつ。具体的に挙げていきましょう。

13年3着ダノンシャーク、翌14年優勝。

14年2着フィエロ、翌15年も2着。

15年3着イスラボニータ、翌16年2着。

17年勝ったペルシアンナイト、翌18年2着、19年3着。

京都から阪神へと場を跨ぎますが、19年京都で勝ったインディチャンプ、20年阪神で2着。

20年勝ったグランアレグリア、翌21年連覇。

今年は昨年の覇者セリフォスと、昨年2着、一昨年3着のダノンザキッド、一昨年2着のシュネルマイスターがエントリー。

今回は阪神から京都ですが、“リピーター”の好走は継続? 出走してきたら、要注目です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』