チャンピオンズC(日曜・中京)

下半期のダートチャンピオン決定戦。ダート1800m戦、GⅠ。

名称が変わり、舞台を中京に移したのが14年のこと。

従いまして、データは過去9年です。

 

1番人気は〔230〕、2番人気は〔200〕、3番人気は〔133〕。

6番人気以下〔325〕、2ケタ人気馬〔103〕。

馬連3ケタ2回に、万馬券1本。

毎年1〜3番人気が連絡み。その一方、9回中8回で、6番人気以下の伏兵が馬券圏内に来ています。

 

ステップレースを見ていきましょう。

交流GⅠのJBCクラシックから〔432〕。4着以内の馬。

JBCレディスクラシックから〔100〕。2着馬。

JBCスプリントから〔001〕。2着馬。

南部杯から〔221〕。掲示板3頭に、3番人気6着と5番人気9着の馬。

交流GⅡの日本テレビ盃から〔100〕。勝ち馬。

シリウスSから〔100〕。勝ち馬。

みやこSから〔024〕。4着以内4頭に、1番人気14着と2番人気15着の馬。

武蔵野Sから〔020〕。勝ち馬と3番人気7着馬。

エルムSから〔001〕。勝ち馬。

 

馬券圏内27頭すべて、前走重賞から。人気または着順のいずれかが、“5”以内必須です。

勝ち馬9頭中、7頭がGⅠ(JpnⅠ)で掲示板確保の馬。残る2頭はGⅡ(JpnⅡ)勝ちとGⅢ勝ちの馬でした。

連対18頭中、13頭にGⅠ勝ちがあり、1頭にはGⅠ2着がありました。残る4頭は、ここが初めてのGⅠ出走でした。

また、勝ち馬9頭と2着馬7頭に、左回りのダート重賞での連対歴がありました。

加えて、馬券圏内18頭すべてに、ダート1800m以上の重賞での3着以内がありました。

ダートGⅠに出走経験がありながら、3着以内がない馬の馬券圏内はありません。

牝馬は〔100〕。

 

年齢別に見ていくと、3歳〔221〕、4歳〔201〕、5歳〔323〕、6歳〔242〕、7歳〔012〕。

昨年もこのレースに出ていた5歳以上の馬なら、昨年の成績は掲示板が欲しいところ。外していた馬は3着に2頭だけです。

 

勝ち馬9頭すべてが11番枠より内の馬。さらに言えば、8頭が9番枠より内の馬でした。

14〜16番枠の馬の馬券圏内はありません。

 

過去の好走馬が2度、3度と好走するのも特徴のひとつ。具体的に見ていきましょう。

15年3着サウンドトゥルー、翌16年優勝。

17年勝ったゴールドドリーム、19年2着、翌20年も2着。

19年3着インティ、翌20年も3着。

20年勝ったチュウワウィザード、翌21年2着。

今年は、一昨年の勝ち馬テーオーケインズと、昨年2着のクラウンプライドが出走予定。要注目です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』