ヨコの動きはメリットとデメリットを確かめておく

【部位】体幹 【機能】左右に動く

骨盤はヨコに動いても動かなくてもいい

次は横方向の動きです。骨盤の中心、胸郭の中心の位置の変化がデータになっています。P1では2点ともスタンスのほぼ中心にあり、その位置を0としています。バックスイングでは骨盤、胸郭とも右に動いており、P4でのそれぞれの値は4・6、4・4センチ。つまりトップの位置で動いたのは5センチ未満です。ダウンスイングでは、P5で骨盤が左に0・4センチ(なのでP4からは4・9センチ)、胸郭が左に3・4センチ(同7・8センチ)動いています。P7で骨盤は左に動き続けていますが、これは、左足に乗り、その上で骨盤を回しているためでしょう。

一方で、胸郭は右に戻っています。遠心力で目標方向に引っ張られるのに対応しているわけです。バックスイングでの右への動きは、右足の上まで。それ以上動くと、ダウンスイングの際にタイミング良く戻ることが難しくなります。ダウンスイングでの左への動きについては、左足の上に乗るまでが限度と考えてください。これ以上左に動くと、インパクトで「押す」力をうまく使うことができなくなります。左右の動きについては、確かにエネルギーを増やすために使えます。しかし、スイング軌道の最下点を安定させることを考えると、左右に動かないほうが有利なことも確かです。どちらのスイングも間違いではありませんので、それぞれ試しておくほうがいいと思います。

●左への移動タイミングは人によって違う

左への移動タイミングは人によって違う『ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑 イラストでわかる身体とクラブの正確な使い方』

「腰を左にあるカベにぶつけるようにバンプさせる」という説明もある。この動きのタイミングは人によってまちまちだ。バックスイングの途中に左に動き出す人もいれば、ヘッドがトップに達してから動く人もいる。

●骨盤・胸郭の中心の位置=左右の変化

骨盤・胸郭の中心の位置=左右の変化『ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑 イラストでわかる身体とクラブの正確な使い方』

(単位はcm、小数点以下2位で四捨五入)

出典:『ゴルフ当たる!飛ばせる!スウィング解剖図鑑 イラストでわかる身体とクラブの正確な使い方』著/奥嶋誠昭

【レッスンプロ情報】
●奥嶋誠昭
1980年生まれ。ツアープロコーチ。アマチュアゴルファーからツアープロまで最先端機器を使ったバイオメカニクス(動作のコツを解析する)をもとに、ゴルファーの要望に合ったスイングづくりに定評がある。JGTOツアープレーヤー。2020―2021年国内女子ツアー賞金王、東京五輪銀メダリストの稲見萌寧など、数多くのトッププロ選手の指導実績を持つ。