バトンを使って手首とクラブの回転運動を覚える 右手首を柔らかく使うためのドリル 自然なフェースターンが実現

スウィングにおいては、切り返しからインパクト後まで、手首を柔らかく回すことによってクラブを回転させることが大事です。しかし、アマチュアの中には、この動きができていない人がいます。そんな人にオススメなのが、〝バトンドリル〞。右手でバトン(細い棒状のものであればOK)の真ん中あたりを持ち、テークバックでは先端が上に、ダウンスウィング〜インパクトで下に、フォロースルーでは再び上に来るように回します。実際にクラブを振るときも、右手首がこのように動くと、正しいリリースができるほか、自然なフェースターンも実現します。

右手首を柔らかく使おう 手首の回転で先端を入れ替えよう

右手首を柔らかく使おう『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

右手でバトンの真ん中あたりを持ち、スウィングの動きをしながら先端を入れ替える。右手首が固いと最初は上手くいかないかもしれないが、次第に慣れてくるはず。

【OK】クラブでも先端を入れ替える

【OK】クラブでも先端を入れ替える『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

バトンでやるときと同じような動きが、クラブを持ったときにもできるように。クラブはグリップの下、できるだけ重心に近いところを持ち、テークバックとフォロースルーでヘッドを入れ替える。

【NG】手首の回転がないと円弧が描けない

【NG】手首の回転がないと円弧が描けない『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

右手首を回転させる動きがないとクラブの動きも円弧にならない。アマチュアゴルファーによく見られる動きで、こうなるとフェースがターンせず、ボールのつかまりも悪くなる。

出典:『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』著/森山錬

【著者情報】
●森山錬
1996年生まれ。小学校1年生でゴルフスクールにてゴルフを始め、丸山茂樹プロのジュニアスクールで腕を磨き、小学6年生のときに全国小学生ゴルフ選手権で優勝。フジサンケイジュニアクラシックで行われるジュニアドラコン選手権で300ヤードを記録し史上2人目の中学生チャンピオンとなる。その後、中島啓太らを輩出した代々木高等学校で部長として東京都大会6連覇(団体戦)の成績を残す。2018年には東京都アマチュア選手権で優勝。ANAオープン、東海クラシック、マイナビABCなどのマンデーにも出場経験あり。2019年からレッスン活動を開始。イーストゴルフスクール五反田店、学芸大ゴルフスタジオにて活動中。