東京新聞杯(日曜・東京)

芝1600m戦、GⅢ。

過去10年、1番人気は〔112〕、2番人気は〔012〕、3番人気は〔311〕。

6番人気以下〔152〕、2ケタ人気馬〔011〕。

馬連3ケタはなく、万馬券2本。

上位人気馬に信頼が置けず、波乱含みの重賞です。

 

ステップレースを見ていきましょう。

GⅠのエリザベス女王杯から〔311〕。人気、着順は不問。

マイルCSから〔201〕。人気、着順は不問。

菊花賞から〔010〕。11着馬。

秋華賞から〔010〕。2着馬。

GⅡの阪神Cから〔003〕。人気、着順は不問。

GⅢの京都金杯から〔123〕。4着以内5頭に、4番人気7着馬。

ターコイズSから〔010〕。6着馬。

中山金杯から〔001〕。5着馬。

OPのキャピタルSから〔020〕。2着馬と2番人気9着馬。

ニューイヤーSから〔011〕。2番人気9着馬と、勝ち馬。

3勝クラスから〔410〕。こちらはすべて勝ち馬です。

前走がGⅠ、GⅡなら、人気、着順は不問。GⅢ以下ならそれなりの人気、着順が必要なようです。

また、阪神C(芝1400m)以外は、すべて芝1600m以上のレースからとなっています。

 

コースで見ると、連対20頭すべてに左回りの芝での勝ちがありました。

また、15頭に東京芝での勝ちがあり、2頭には東京芝のOPクラスに3着以内がありました。残る3頭のうち、2頭は東京芝が初または1走のみの馬。1頭は3走して2着が1回の馬です。

 

距離で見ると、連対20頭中、17頭に芝1600mでの勝ちがあり、2頭には芝1600mの重賞2着がありました。残る1頭は、芝1600mが初で、芝2000mの重賞に勝ちがあった馬です。

 

重賞実績では、連対20頭中15頭に重賞連対歴がありました。残りの5頭は、近2走のいずれかで3勝クラスを勝ち上がったばかりの馬です。

 

牝馬は〔442〕。GⅠ連対歴を持つ馬が6頭。また、20年2着、21年3着のシャドウディーヴァにはGⅡ2着があり、23年3着のプレサージュリフトにはGⅢ勝ちがありました。牝馬の好走に、重賞実績は欠かせないようです。

例外の1頭は、19年2着のレッドオルガ。この馬、前走が初の重賞(ターコイズS6着)で、ここが2度目の重賞挑戦でした。

 

年齢別に見ていくと、4歳〔454〕、5歳〔235〕、6歳〔411〕、7歳〔010〕。

4〜6歳でまんべんなくのイメージでしょうか。

 

差し、追い込み馬の活躍が顕著ですが、逃げ馬も3勝。その人気は、3、4、5番人気ですから、このあたりの支持を集めた逃げ馬には注意が必要です。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』