胃のサイズは1週間で元に戻る

内臓脂肪が増える主な原因のひとつが「食べすぎ」です。そして、つい食べすぎてしまうのは、慢性的な過食で胃が大きくなりすぎていることが挙げられます。胃のキャパシティが大きくなればなるほど、たくさん食べないと満腹感を得られなくなってしまうのです。

私たちが満腹を感じるのは、「食事をする→脳の満腹中枢が刺激される→脳から満腹のサインが出る」といった脳の仕組みによるもの。しかし、過食が続いて胃が肥大化した状態だと、「満腹のサイン」が出るまでにより多くの食事量を必要とします。ということは、逆に少ない食事量に慣れてしまえば、たとえ少量であっても「満腹のサイン」が出ることになります。

つまり、胃を本来のサイズに戻してしまえば、それに見合った食事の量で満腹感が得られ、自然と食べる量も減少。結果、内臓脂肪が減っていくわけです。胃の大きさには個人差がありますが、平均すると「握りこぶし2つ分」くらい。この容量より多く食べ続けると、胃が徐々に大きくなってしまいます。

そこで、まずは容量オーバーにならない食べ方、食べる量を知ることから始めましょう。胃のサイズは、およそ1週間あれば元のサイズに戻せるので、過食で大きくなった胃を元に戻す、また胃を大きくしないためのノウハウや工夫を紹介していきます。

『肥満治療の名医が教える 図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術』はこんな人におすすめ!

・健康的に痩せる方法を知りたい!
・痩せるメカニズムについて知っておきたい!
・内臓脂肪を落とせる食事を知りたい!

以上の方には「図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術」は大変おすすめな本です。

昔と違い、今では「健康のためのダイエット」という考えが一般的に普及しています。しかし、どうしても「簡単に・楽に・短期間にやせる」ということばかりに目がいってしまい、必要以上に無理をして体調を崩したり、ダイエットがきつすぎて途中で断念してしまう方が少なくないのも事実です。

本書では、いかに「無理なく継続できる方法で内臓脂肪を減らしていくか」をテーマに、そのノウハウをわかりやすく紹介していきたいと思います。続かないダイエットからの脱却を一緒に目指しましょう。

意識すべき4つのプログラム

本記事では「継続できるダイエット」を進めていく上で、重要な4つのプログラムについて紹介します。すべての基礎になる考えですので、ぜひ熟読してください。

胃を本来の大きさに戻す
内臓脂肪が増えるのは、大きくなりすぎた胃のせい。まずは胃の大きさを元の状態に戻すことを目標にしましょう。胃が小さくなれば、それに見合った食事の量で満足でき、無理なく減食ができます。

食事の半分をたんぱく質が豊富な食品に変える
筋肉の60%はたんぱく質で構成されているため、たんぱく質を多くとることで筋量、筋力がアップ。これが基礎代謝量を上げ、脂肪の燃えやすい体にします。食事の半分を高たんぱく食品にしましょう。

「内臓脂肪燃焼 万能ふりかけ」をつくる・使う
高野豆腐は最強の高たんぱく質食材。そのまま食べても効果的ですが、高野豆腐でつくる「内臓脂肪燃焼 万能ふりかけ」なら、いつでもどんな食品にも使いやすく、手軽にたんぱく質を摂取できます。

大きな筋肉・広背筋を鍛えて基礎代謝量のアップを狙う
上半身の筋肉のなかでも広範囲を占める、広背筋を鍛えることで、消費エネルギーを効率よく高め、脂肪燃焼を促進させることができます。腹筋の筋力不足もカバーし、ぽっこりお腹の抑制にも。

シリーズ累計300万部は伊達じゃない!豊富に使われた図解の圧倒的わかりやすさ

本書は「図解」と銘打っているだけあって、図解やイラストがふんだんに使われています。手に取っていただいた読者から理解しやすいと大好評を得ているシリーズです!

右ページに文章、左ページに図解で解説という形で全頁が構成。

さくっと読めてしまうのに、しっかりとした専門家の知識を身につけることができるのが最大の魅力です!この「図解シリーズ」は300万部を突破している大ヒットシリーズです。

【書誌情報】
『肥満治療の名医が教える 図解 内臓脂肪がごっそり落ちる食事術』
監修:土田 隆