フェブラリーS(日曜・東京)

今年最初のJRA・GⅠ、ダート1600m戦。

過去10年、1番人気は〔522〕、2番人気は〔320〕、3番人気は〔012〕。

6番人気以下〔124〕、2ケタ人気馬〔110〕。

馬連3ケタ3回に、万馬券2本。

1番人気の複勝率は90%。

毎年1、2番人気が連に絡んでいます。

 

ステップレースを見ていきましょう。

GⅠのチャンピオンズC(旧JCダートを含む)から〔333〕。人気、着順は不問。

交流GⅠの川崎記念から〔020〕。2着と2番人気6着の馬。

東京大賞典から〔012〕。2、3着と、4番人気7着の馬。

JBCスプリントから〔010〕。1番人気4着馬。

GⅡの東海Sから〔211〕。3着以内の馬。

GⅢの根岸Sから〔423〕。連対馬。

武蔵野Sから〔001〕。5着馬。

OPのフェアウェルSから〔100〕。3番人気9着馬。

 

勝ち馬10頭は、チャンピオンズCから3頭、東海Sから2頭、根岸Sから4頭、フェアウェルSから1頭。

フェアウェルS3番人気9着から優勝した14年のコパノリッキー(最低人気16番人気)は例外と見て、他の3つを見ていきましょう。

チャンピオンズC組は、2、2、4番人気で掲示板を外していた馬の巻き返し。

東海S組はすべて勝ち馬。

根岸S組もすべて勝ち馬。

狙いはこの3重賞からの馬かもしれません。

ただし、根岸Sからは連対馬のみが馬券圏内に、東海Sで敗れた馬は3着馬が2着に1頭いるのみ。高めのハードルを設置する必要がありそうです。

 

連対20頭すべてに、1年以内の重賞連対歴がありました。

また、連対20頭中、19頭にダート重賞での勝ちがあり、その中でGⅠ勝ちのある馬は11頭。

ダートの重賞勝ちがなかった1頭にも、芝1600mの重賞勝ちに加え、ダート重賞に2着がありました(21年2着エアスピネル)。

 

連対20頭中、14頭にダート1600m以上の重賞勝ちがあり、5頭は過去に根岸S勝ちのある馬。

例外の1頭は、上記のエアスピネルです。

さらに、連対20頭すべてに、芝も含めた左回りでの勝ちと、重賞3着以内がありました。

牝馬は〔001〕。

地方所属馬は〔000〕。

 

年齢別で見ると、4歳〔411〕、5歳〔444〕、6歳〔213〕、7歳〔030〕、8歳〔012〕。

ベテランの頑張りに注意が必要ですが、勝つのは4〜6歳の3世代に限られます。

勝ち馬10頭の馬体重を見ると、18年に勝ったノンコノユメ(450キロ)を除く、9頭が494キロ以上。馬格はあったほうがよさそうです。

 

過去の好走馬が、年を跨いでも、繰り返しの好走を見せるのが特徴のひとつ。

14年優勝のコパノリッキー、翌15年連覇。

15年2着インカンテーション、18年3着。

15年3着ベストウォーリア、17年2着。

16年2着ノンコノユメ、18年優勝。

18年2着ゴールドドリーム、翌19年も2着。

21年優勝のカフェファラオ、翌22年連覇。

今年は、昨年2着のレッドルゼルが出走を予定しています。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』