日本の太陽観測衛星によってわかった「磁場の変化」

太陽フレアというのは、太陽表面で起こる爆発現象のことです。その形が火炎(フレア)のように見えることから、こう名づけられました。爆発の威力は、水素爆弾10万個から1億個と同じくらいだといわれていて、いかに激しい爆発であるかがわかります。

フレアが発生すると、多くのX線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子が宇宙空間に大量に放出されます。それらが地球に到達すると、地球のバリアである地球磁場が乱されて磁気嵐が発生します。また、電離層にも悪影響を与えて、通信障害を引き起こします。これを「デリンジャー現象」といいます。実は、美しい天体ショーとして大人気のオーロラも、フレアによって規模が大きくなります。

太陽活動については解明されていないことが多フレアの発生も長年謎とされてきました。の解決の糸口をもたらしたのが、日本のX線太陽観測衛星「ようこう」です。太陽活動極大期の太陽大気(コロナ)や、そこで起こる太陽フレアなどの高エネルギー現象を高い精度で観測することを目的として、1991年に打ち上げられた観測衛星です。

「ようこう」が世界ではじめて太陽活動の1周期(約11年)をほぼ連続して観測した結果、フレアの発生原因は、コロナで突然起こる磁場の変化であることがわかりました。磁力線は太陽表面からアーチ状に立ち上がりますが、アーチの間が近接すると、磁力線のつなぎ替えによって磁場に蓄えられたエネルギーが瞬時に開放され、爆発します。この爆発こそがフレアなのです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解プレミアム 宇宙の話』