弥生賞ディープインパクト記念(日曜・中山)

3歳馬による芝2000mの皐月賞TR、GⅡ。

上位3着までの馬に優先出走権が与えられます。

 

過去10年、1番人気は〔341〕、2番人気は〔322〕、3番人気は〔202〕。

6番人気以下〔122〕、2ケタ人気馬〔001〕。

馬連3ケタ6回に、万馬券1本。

万馬券の19年を除けば、毎年1、2番人気のいずれかが連絡み。基本は堅めの皐月賞TRです。

 

ステップレースを見ていきましょう。

GⅠの朝日杯FSから〔132〕。連対4頭に、2番人気7着と7番人気6着の馬。

ホープフルSから〔125〕。掲示板確保の馬。

GⅢのきさらぎ賞から〔101〕。5着と3着の馬。

京都2歳Sから〔100〕。勝ち馬。

共同通信杯から〔100〕。4着馬。

京成杯から〔001〕。3着馬。

GⅢ時代の東京スポーツ杯2歳Sから〔110〕。勝ち馬。

旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔010〕。勝ち馬。

OPの若駒Sから〔201〕。連対馬。

1勝クラスから〔220〕。1、2番人気で勝った馬。

新馬勝ちから〔010〕。2番人気で勝ち上がった馬です。

 

馬券圏内30頭中、前走で掲示板を外していたのは、朝日杯FS7着、6着の2頭のみ。

また、近2走続けて3着を外した馬の馬券圏内はありません。

 

連対20頭中、19頭に芝1800m以上での勝ちがあり、例外の1頭は芝1500m、1600mで2戦2勝の21年2着シュネルマイスターでした。

また、連対20頭中、16頭が2勝以上を挙げていて、1勝馬4頭のうち、3頭には重賞に掲示板がありました。例外の1頭は新馬勝ち即の馬です。

ちなみに、連対20頭中、重賞勝ちは7頭、OPクラス勝ちは5頭です。

キャリア1戦と6戦以上の馬は2着までとなっています。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』