右手を力強く使うためにも頭のブレを抑えたい! 頭がブレないようにするためにはどうすればいい? 頭は積極的に動かす

スウィング中はボールを見ながら回転運動をするわけですが、このとき頭が動いているような気がするという人も多いはず。多くの人は、頭を固定しようとするのですが、そうすると首周辺に力が入りすぎて、逆に頭が動いてしまいます。このような場合、どうすればいいのか?実は、スウィングでは頭の入れ替えという動きが必要なのです。身体が右に回ったときは左に、左に回ったときは右に入れ替える動きです。頭のブレが気になる人は、クラブを持たず、遠くの景色を見ながら首を入れ替える練習をしておきましょう。

首を身体が回る方向と逆向きにする 首の入れ替えの練習もやっておきましょう

首を身体が回る方向と逆向きにする『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

身体が右に回ったときは首を左に入れ替える。テークバックで入れ替えが上手くいけば、ダウンでも頭を残せる。

【NG】スエー気味のスウィングに

首を身体が回る方向と逆向きにする【NG】スエー気味のスウィングに『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

テークバックで頭の入れ替えができていないと、右にスエーしてしまい、エネルギーをためることはできない。またダウンでもあおるような打ち方になりやすい。

【CLEAR】首を固定するのではなく首を入れ替える

首を身体が回る方向と逆向きにする【CLEAR】首を固定するのではなく首を入れ替える『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

身体を左に回すと同時に、首は右に入れ替える。この動きがあれば、首の支点が動かなくなり、軸もブレない。

【NG】左に身体が流れる

首を身体が回る方向と逆向きにする【NG】左に身体が流れる『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』

入れ替えが上手くいかないと、フォローでも頭が左に動いてしまい、身体も突っ込むような感じになってしまう。このようになってしまうと、フィニッシュが取れない。

出典:『ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる』著/森山錬

【著者情報】
●森山錬
1996年生まれ。小学校1年生でゴルフスクールにてゴルフを始め、丸山茂樹プロのジュニアスクールで腕を磨き、小学6年生のときに全国小学生ゴルフ選手権で優勝。フジサンケイジュニアクラシックで行われるジュニアドラコン選手権で300ヤードを記録し史上2人目の中学生チャンピオンとなる。その後、中島啓太らを輩出した代々木高等学校で部長として東京都大会6連覇(団体戦)の成績を残す。2018年には東京都アマチュア選手権で優勝。ANAオープン、東海クラシック、マイナビABCなどのマンデーにも出場経験あり。2019年からレッスン活動を開始。イーストゴルフスクール五反田店、学芸大ゴルフスタジオにて活動中。