太り過ぎが病気のリスクを高める

体脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、皮下脂肪は内臓の保護や体温調整などの役割を担っています。これに対して内臓脂肪は、お腹を中心とした内臓周りにつく脂肪で、脂肪の貯蔵と空腹時のエネルギー供給源とされています。正常範囲内であれば体にとって大切なものですが、内臓脂肪が増え過ぎると、高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病の原因になることがわかっています。

しかも、ほとんど自覚症状がないため、気づかないうちに進行してしまうと、命に関わる疾患を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

また近年の研究で、内臓脂肪や皮下脂肪を構成する脂肪細胞が、「アディポサイトカイン」という生理活性物質を分泌しているのが判明。アディポサイトカインは大きく善玉と悪玉に分けられ、善玉は血糖値を正常に保つインスリンの働きを促し動脈硬化を予防します。一方、内臓脂肪の増加で分泌量が増える悪玉は、インスリンの働きを低下させ、動脈硬化を促進してしまうのです。

そんな、体に悪影響を与える内臓脂肪を減らすには、脂肪をエネルギー源として使うのが一番。ずぼら断食で食べない日をつくることで脂肪燃焼スイッチをオンにできます。

『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』はこんな人におすすめ!

・無理せずに痩せる方法を知りたい!
・どんな食事をしてダイエットをするべきか知りたい
・ダイエットのおすすめメニューを知りたい

以上の方には大変おすすめな一冊です!

そんなに食べてないのに太る本当の理由

「そんなに食べていないのに体重が減らない」「カロリーを抑えて食べているはずなのに太ってしまう」という声をよく耳にします。努力している人には酷かもしれませんが、食事に気をつけているつもりでも、じわじわと体重が増えていく、あるいは、理想の体重以上の体重がありなかなか減らないという場合、自覚のあるなしに関わらず、食べ過ぎていることがほとんどです。

食べ過ぎと聞くと、食べる量をイメージする人が多いと思います。確かに、お腹がパンパンになるまで食べればそれは食べ過ぎです。ですが、油たっぷりの揚げ物や炭水化物が多めの食事など、次の食事までに胃で消化しきれないようなものを食べたり、量が少なくてもその日の活動量で消費しきれないくらい高カロリーなものを食べたりした場合も、実は食べ過ぎなのです。

食べ過ぎチェックリスト

ずぼら断食で体を改善していくにあたり、まずはスタートラインに立つことから始めましょう。ダイエットの基本でもありますが、やせたいと思ったら自分の食生活を把握すること。下の「食べ過ぎチェックリスト」を使うと、簡単にセルフチェックができます。食べ過ぎなのか、食べ方のクセがあるのかを確認してみてください。

□ 1日3食、ほぼ決まった時間に食べている
□ 舌にたっぷりと白や黄色の苔こけがついている
□ 満腹になるまで食べないと食べた気がしない
□ 午後のおやつ、または夕食後のデザートやスナックがルーティーン
□ 食べてから2時間以内に眠ることがよくある
□ 早食いの自覚があり、大低20分以内で食べ終わる
□ 昼食から1〜2時間後に強い眠気を感じることがしばしばある
□ よく噛んで食べようと意識したことがほぼない
□ 唐揚げやコロッケなど油で揚げた料理が大好き
□ 毎日、夕食に炭水化物(ごはん、麺類、パン、粉物など)を食べている

本書では痩せるために意識すべき食事術の話を多数掲載してます!気になる方はぜひ手に取ってご覧ください!

出典:『専門家がしっかり教える 図解 やせる食べ方』