たまに街の練習場に足を運ぶと、周囲の人たちはドライバーもアイアンもフルショットしかしないことにいつも驚かされます。アプローチショットの練習をすることはあっても、大体は全力でクラブを振り回しています。全力を10とすれば、ドライバーもアイアンも10のマックスの力で遠くに飛ばそうとばかりしているのです。 結果としてフィニッシュでバランスよく立てる回数が少なくて、ミート率がなかなか上がらず、距離感も方向も安定しにくくなります。普段からこうした練習に明け暮れていては、「コースで使えるスイング」が身につきません。

私たちプロやシングルゴルファーの考えるフルショットとは、どんなときも一定のリズムと力感でスムーズに振り切れるような「8割スイング」です。8割スイングのフルショットの練習を積んでいるのであればOKですが、コースプレーではこのフルショットで球を打つ回数は案外少ないものです。

コースでは振り幅を抑えることが多い

ティショットにおいては基本的にフルショットするとはいえ、方向性をより安定させたいために距離を少し落としたいときや、飛びすぎてバンカーや池などの障害物に入れてしまうことがないように、フルショットよりも振り幅を小さく抑えるケースがよくあります。また、フェアウェイのショットも平坦な場所だけとは限りません。ちょっとした傾斜地になっていることが少なくないですから、やはりフルショットを避けたい場面が多いのです。そんなときに役立つのがコンパクトスイングです。

コンパクトスイングとはフルショットよりも振り幅を小さめに抑えた「スリークォーターショット」と「ハーフショット」のことで、フルショットのトップの両手の高さを頭のてっぺんとすれば、スリークォーターショットは右耳の高さ、ハーフショットは右肩の高さが目安になります。

振り幅を抑えるだけでショットの正確性が大幅アップ

コンパクトスイングはアイアンショットで頻繁に用いますし、コースで使える実戦スイングをマスターするためにも、6〜8番アイアンを使って練習しておきましょう。コンパクトスイングの実際のトップはイメージよりも少し高くなりますが、振り幅を抑えるイメージを持つことでミート率がアップし、距離感も方向性も安定しやすくなります。スイングをちょっとだけ小さくするだけで、こんなに真っ直ぐ飛んでいくことがわかれば、きっとゴルフの練習が楽しくなるでしょう。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。