今日から始める「習慣の運トレ」

「片づいてなくても、これくらいまあいいや」「私が悪いっていうより、ママのせいでしょ」「あの人とうまくやるなんて、絶対にムリ!ムリ!」「なんかつまんないな〜。なんかいいことない?」最近、こんな発言していませんでしたか?靴を玄関に脱ぎ捨てる、必要がない限り部屋の窓を開けない、責任回避や自己否定の口ぐせ、物事の捉え方がいつもネガティブ、自分の考えに固執して人を批判するくせなどは、実は最もやりがちな運の障害を作り出すものです。自分を信じずに、自分の外にあるものばかりに依存している姿勢といえるでしょう。運の障害を築き上げていては、良運もあなたに近寄れません……。また、ルーティーンの行動ばかりで、特に感情が動くことがない日々を過ごしているのも、じわりじわりと運の障害を作っている状況です。そんなふうに、私たちの日常生活のなかには、「運に悪い習慣」と「良い習慣」がありますが、自分ではどの言葉や行動が良いのか、悪いのか気づきにくかったりします。特に、幼い頃から染みついてしまっている行動パターンや思考パターンからは、なかなか抜け出せないもの。しかし、いつものパターンをくり返しているから、運が悪いことが起こるんだと考えれば、今すぐにでも運トレを始めたくなりませんか?

運の障害を取り払い、運が味方してくれる言葉や行動を習慣化できれば、普段の行いだけでも、どんどん運気をアップさせられます。まずは、玄関の掃除や片づけを。物理的に良い気を遮るものをなくすことから始めてみましょう。毎日過ごす場所を整えられれば、運のめぐりはぐんと活発になるはずです。その後は、ネガティブなくせを直したり、自分の心を喜ばせる習慣を心がけます。運は平等だからこそ、一度自分の手からこぼれ落ちてしまっても、必ずまためぐってきます。めぐってくる運を、運トレをしながら待ちましょう! 気づけば、「最近いいことがよく起こるかも♪」「私って運がいい!」と実感できるようなことが次々と起こるはずですよ。

【書誌情報】
『神様とやるすごい運トレ』
著者: 愛新覚羅 ゆうはん

「神様とやるすごい運トレ」とは? ① 「運の障害」をなくす習慣と意識の運トレ 運の悪い人たちの多くは、自分で良運を遠ざける、「運の障害」を作り出しています。 この運の障害を作る習慣をやめること、作ってしまった運の障害を取り払うこと。 それが開運への第一歩です。 ② 内神さまとやる、自分を知り、感情をコントロールする運トレ あらゆる角度から自分を知る運トレを行うと、自分のなかにいる内神さまにも 気づくことができます。また、自分の感情を整理し、コントロールできるようになれば、 運は育まれ、どんどん強くなっていきます。 ③ 外神さまとやる、神運体質になる運トレ 外神さまは、遥か彼方の天上にいるのではなく、常にあなたのすぐ近くで見守っていて くれる存在です。ご神気やご神域を訪れることで、つながりを強くしていく運トレの総仕上げ。 本書を手にしたときが、開運ストーリーの始まりです。 運トレで幸運に恵まれる日々を過ごしましょう。 担当者コメント