フィニッシュの逆ネジレを マスターする即効練習法

ダウンスイングにおける体の回転で作られるタメと腕で作られるタメによって、クラブヘッドを遅らせるイメージで振り下ろし、そこからフォロースルーのコック動作とリフトアップ動作に向かってクラブヘッドを一気に加速させます。

ボールを打ち抜いた後は、腰がしっかりターンした位置で止まりますが、肩は回転を止めずに回り続けます。結果としてフィニッシュでは肩が腰以上に大きく回転し、バックスイングやダウンスイングとは逆方向の体幹のネジレが生じます。つまり、フィニッシュの逆ネジレは、ヘッドスピードを上げるための最終的な仕上げということです。

最後に、フィニッシュの逆ネジレを作る練習法を紹介しましょう。

1・左脚1本スイング

右足ツマ先立ちアドレスから左脚の力で体を回転させます。

フィニッシュで体幹の逆ネジレを作るには左脚で腰を回転させ、その力で上半身を回転させることが必要になります。

2・ベタ足&右カカト上げスイング

フィニッシュ時に右足カカトを浮かせないコの字スイングを作ります。コの字スイングではフィニッシュの左腕とクラブシャフトがカタカナのコの字を形成します。

体の柔軟性が高い人は上体の回転をもう少し深くしても構いません。

コの字スイングのフィニッシュで一旦停止した後、再び左脚で左腰を回転させ、右カカトを引き上げて通常のフィニッシュ姿勢を作りましょう。

このセカンドモーションによって体幹の逆ネジレを作る感覚が身につきます。

【書誌情報】
『自己最速のヘッドスピードを叩き出すスイングの最終法則 筑波大学博士の飛ばし最強の教科書』
著者:/安藤秀 (筑波大学博士)

ゴルフでドライバーショットの飛距離が出る人たちの共通点は「ヘッドスピードが速い」ということ。そのため、ヘッドスピードを上げようと力にまかせてクラブを振っても、ヘッドスピードは思うようには上がらないことは多くのゴルファーが実感していることでしょう。 その理由は、ヘッドスピードの上げ方が間違っているということ。筋力や腕力がヘッドスピードを上げる決め手ではないのです。 この本では、ヘッドスピードを上げる重要な4つのポイントを明かします。具体的には、ダウンスイングの体の回転のタメ、ダウンスイングの腕の動きのタメ、フォロースルーのコック動作、フィニッシュの体幹部の逆ネジレのこと。 これらのポイントを写真を使いわかりやすく解説。さらに、ヘッドスピードのアップにつながる即効ドリルも数多く紹介。つらい筋力トレーニングではなく、ヘッドスピードを上げる4ポイントが身につく、クラブを使った練習法が数多く載っています。