切り返しでは左右の上半身が別の動きを行う

左右の上半身がそれぞれ別の動きをする切り返しを行うためには、どうすればいいのでしょうか? そのひとつの答えとして有効なのが、バックスイングとダウンスイングの軌道を変えるという方法です。具体的にはバックスイングはスティープ(鋭角)に上げて、ダウンスイングはフラットに下ろすのです

つまり行きと帰りで同じ角度を作るのではなく、角度に差をつけることで切り返しでシャフトを後ろに倒し、右の上半身の動きを遅らせずにはいられない状態を作ります。

行きと帰りで角度を変えると言っても逆はNGで、行きがフラットで帰りがスティープだと、クラブに右肩と右ヒジがついてきてしまうので、クラブはプレーンから外れます。アマチュアゴルファーはテークバックで、クラブをインサイドに引っ張り込むことが多いので、この状態になっているケースは珍しくありませんが、クラブがアウトサイドから下りるだけでなく、アーリーリリースも併発するので絶対に避けなければなりません。アーリーリリースになった瞬間に、角速度を使える可能性がなくなってしまうので、ここは重要なポイントだと認識してください。

とはいえ非常に難しい動作であることは間違いなく、自然な動きだとは間違っても言えません。ですが、できるようになればボールをとらえることが簡単になりますので、まずは知識として持っておき、いずれできるようにコツコツと練習してもらえればと思います。

【書誌情報】
『70台は楽に出る!「圧力系」インパクトの作り方』
著者:阿河徹

ボールがクラブフェースにきちんと当たる確率を高め、飛距離が十分出る― そんなスイングを実現するため著者ススメているのが「圧力系インパクト」。小さなバックスイングで強いインパクトを実現する。本書では、このインパクトの作り方を写真を数多く用いて解説。70台のスコアも可能にする、ゴルファー待望の一冊だ。