三奇紋

図の①のように運命線から太陽丘に向かう太陽線と水星丘に向かう財の線が大きく、三方向に分かれ扇型を作る人がいます。この相を持つ人は、太陽丘と水星丘の意味が強く影響し、財運の良さと人からの厚い信頼や多大な支持を受け、大きな成功と財を築ける大吉相の人です。この相は、「三奇紋」とも呼ばれる大変貴重な相で、手相学の中でもトップを争う大開運の相であり、中には一代で巨万の富を得る人もいます。

図の②のように運命線から太陽丘に向かう太陽線と木星丘に向かう線が大きく三方向に分かれる三奇紋を持つ人がいます。この相の人は太陽丘と木星丘の意味が強く影響し、志を高く持ち、目標に向かって人の何倍もの努力をして大成功を収める人です。努力家の姿勢と実績で人からの尊敬と絶大な支持を得て富を築く大吉相です。先天的に最初から三奇紋を持って生まれてくる人もいますが、日々の努力の積み重ねで後天的に後から作られる場合もあります。

鑑定で三奇紋を持つ大成功者に聞いてみると、「後からこの相が出てきました」という方が多くいらっしゃいました。実際、三奇紋が出始めた時期から人生が大きく好転したという声もたくさん聞きます。ぜひ、多くの方の手にこの大吉相ができることを願います。

【書誌情報】
『新版 手相の教科書』
著者: 青木智

手相は占いだと思いますか?手相は占いではなく統計学の一つだと著者の青木智さんはおっしゃいます。手相を見るにはスピリチュアルな力は必要なく、線の見方やその線の解釈という「知識」を身に付けることができれば、誰でも鑑定できるようになります。そして、手相が見られるようになれば「過去の自分に癒し」を、そして「未来の自分にハッピーを」もたらすことができます。手相の見方を覚えて、素晴らしい自分を発見し、自信を持って輝く先の人生を歩みましょう。そして、身の回りにいる大切な人たちに幸せを導きましょう。この本を手に取っていただくことで、きっとあなたにハッピーが訪れるはずです。※本書は2015年8月に(株)アルマット社から発行された『手相の教科書』を再編集し刊行しています。