今季初勝利を掴んだ西勇輝

4月6日に今シーズン初の甲子園球場で行われた読売ジャイアンツとの伝統の一戦で、 前回登板の広島カープ戦を7回5安打1失点の好投見せるも、味方の援護なく敗戦投手となった西勇輝が登板し、初回を8球で3者凡退に斬ると3回まで完全投球を披露するなど好投を見せ、7回4安打2失点完投で、今季初勝利を手にした。

初回、先頭打者の梶谷隆幸を1球で投ゴロに打ち取ると、続く重信慎之介をチェンジアップで空振り三振、坂本勇人をレフトフライに打ち取り、わずか8球で三者凡退に抑えると、3回まで完全投球の快投を見せ、6点リードの4回、1アウトから重信慎之介にこの試合初めてとなるライト前へのヒットを許すと、続く坂本勇人に四球を与え、1、2塁のピンチを招くも、岡本和真を遊飛、亀井善之を見逃し三振に打ち取り、窮地を脱した。

5回には先頭打者の大城卓三を四球で歩かせると、続く香月一也にカウント1-1から左中間スタンドへ2ランホームランを浴び、ノーアウトで吉川尚輝にもセンター前ヒットを許したが、そのあとは3者凡退に打ち取り、後続を断ち、6回も走者は許したものの、無失点で切り抜け、7回は再び三者凡退に抑え、完投勝利を挙げた。

今季初勝利を掴んだ西勇輝は「毎年初勝利が一番大事ですし、勝てるか勝てないかはすごく自分の中では左右するんですけど、本当に無事1勝出来て良かったです」。と今季初勝利に安堵した。

矢野監督も「条件的に、点数も多く入って、またこの雨で、いろんなことで集中しにくいところ。最後まで行ってくれたというのは本当に、非常に助かりました」。と6連戦の頭でリリーフ陣を休ませられたと喜んだ。

3打席連続四死球でチャンス作ったマルテ

「3番・一塁」で先発出場したマルテが巨人から3打席連続四死球を奪い、阪神打線にチャンスを作り、チームの3連勝に大きく貢献した。

初回、2アウト走者なしの場面で、巨人先発サンチェスから7球粘り、フォアボールをもぎ取ると、3回にはノーアウト1塁の場面でデッドボールを誘い、ノーアウト1、2塁のチャンスを演出し、大山悠輔、サンズの連続タイムリーヒットを呼び込み、4回にも1アウト1塁の場面で、巨人3番手・田中豊樹からフォアボールを奪い、3回に続き、大山悠輔、サンズに得点を期待したが、無得点に終わったものの、3打席連続四死球でチャンスを作った。

今シーズンのマルテは、ボール球をしっかりと見極め、無理に自分が打たずとも、ランナーを溜め、大山悠輔、サンズに打席を回し、大量得点を演出するといった理想の3番打者へと変貌し、ここまで躍動している。

ボール球をしっかりと見極め、自分の打ちたい球を待ち続けるマルテに対し、巨人投手陣も不気味に感じ、3打席連続四死球という結果を生んだのだろう。

マルテには引き続き、脅威の3番打者として、阪神タイガースに得点を生み出す核として君臨してもらいたい。