スクェアなインパクトに必要なシャフトの軸回転

クラブを後ろ回し、身体を右から左に回転させてインパクトを迎えるとハンドファーストになり、そのままではフェースが開いた状態でインパクトをすることになります。

それを防ぐには、シャフトを左に(反時計回りに)捻じることでフェースが閉じ、ハンドファーストの状態でフェースがスクェアになってくれます。

シャフトを捻じるスウィング中のタイミングに決まりはありませんが、捻じるためには「グリップの形」が重要です。

おすすめのグリップは、左手は強めのフックグリップ、右手はスクェアです。

そして、シャフトを捻じる動きは右手主導で、右ヒジを伸ばしながら行うのがスムーズです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。