スクェアなインパクトに必要なシャフトの軸回転

ゴルフスウィングは、クラブという軽いモノを速く振る動作です。

そのためには、手元(グリップ)をできるだけ身体の遠くにある状態から振ることを最優先させます。

では、その具体的な方法とは?

バックスウィングは、右股関節の位置を動かさないように身体を右に回転、その時クラブを後ろ回り(正面から背中方向)に動かせば自動的にトップの形が作られます。

その際のポイントは、グリップが身体からできるだけ離れるように両ヒジを伸ばしたままバックスウィングすること。

右ヒジは自然に曲がりますが、自ら曲げる必要はありません。

常に両ヒジを伸ばすようにする感覚でバックスウィングすることが、飛距離が出るスウィングの準備となるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。