インパクトではグリップは上昇しながらボールに当たる理由とは?

インパクトでは、グリップは上昇しながらヘッドがボールに当たります。これは、ドライバー、アイアンともに同じです。

インパクト前では身体の右側に位置するクラブが、スウィングの円運動に伴いグリップの位置が上がっていき、その逆にクラブヘッドは下りてきてボールに当たるのです。

その後インパクトからフォロースルーにかけて、身体を左に回転させます。その回転するエネルギーは右脚の蹴りで生みます。

「蹴り」というと、ボールを蹴る動作を思い浮かべますが、ゴルフスウィングにおける蹴りは、後ろにモノを蹴る動作を言います。

ですので、右脚で後ろに蹴ると身体を速く回すことができ、飛距離アップを可能にするのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●チャーリー高沖
1974年生まれ。小学校6年でゴルフを始める。20歳で日本、カナダ、オーストラリア、アジアツアーを経験。23歳でツアープロコーチの勉強を始め、その後、藤井かすみブロとコーチ契約を結び翌年ツアー優勝を果たす。愛知県で一般アマチュア向けゴルフアカデミーを開校。YouTube「ちゃごるTV」のチャンネル登録者数9万人。