衝撃の右手一本弾放った村上宗隆

4月25日、神宮球場で行われた中日ドラゴンズとの一戦で、「4番・三塁」で先発出場した村上宗隆が、今季8本塁打となるライトスタンドへ右手一本で運ぶソロホームランを放ち、本塁打ランキングトップの山田哲人に並んだ。

同点で迎えた4回、先頭打者で打席に立った村上宗隆は、フルカウントから中日ドラゴンズ戦先発の小笠原慎之介の8球目135キロのチェンジアップに、体勢を崩されながらも、右手一本で拾うようにすくい上げ、ライトスタンドへ打球を運んだ。

右手一本でホームランにした村上宗隆は「崩されたが、粘ってうまく最後まで拾うことができた」。と衝撃の一発で神宮球場のファンをどよめかした本人は冷静に分析した。

8戦ぶりの一発を衝撃の右手一本弾で飾り、本塁打ランキングトップの山田哲人に並ぶ今シーズン8本目とした村上宗隆。

本人の中ではまだ本調子のスイングができていない中で、今シーズンすでに8本と本塁打王を争う位置につけている。

プロ野球ファンを驚愕させた右手一本弾を皮切りに、村上宗隆が本調子のスイングを取り戻せば、本塁打を量産することは間違いなさそうだ。